歌詞
  ↓
ウージの小唄 ただ静かに響く夏の午後

あぜ道を歩く足をとめて はるか空を見上げた

この島にそそぐ陽の光は傷あとを照らしつづける

「あの悲しみを あの過ちを忘れることなかれ」と

この道が赤く染まった日の空はあまりにも高く

彼らの祈りも神様には とどかなかったのでしょうか

それでもウージは唄う「憎むより愛せ」と

生きることの喜びを謳う

南の海の小さな島 こんなにも美しいのは

命の喜びを謳う あなたが居るから

少女は泥だらけの素足で この道を歩きました

Ah 大切な人たちを守るため 鉄の雨に打たれました

それでもウージは唄う「憎むより愛せ」と

悲しみのうえに立ち つよく優しく誇り高くあれと唄う

風のなか静かに生きることの喜びを謳う





============================================================
精神世界ランキングにエントリーしています(^^)

(精神関連の人気ブログ一覧が別ウィンドウで開きます。)