ニュース映像で 何度も驚かされています

被災した方々が ほぼ必ず 感謝の言葉を口になさっていることです

“一週間ぶりに暖かいものを食べることができた ありがとうございます”

“10日振りにお風呂に入ることができた 感謝しています”

“畳の上で寝られる 本当によかった”

“県外から来てくれたボランティアに優しい言葉をかけてもらって嬉しい”

“生きて逃げてこられた こころから感謝している”


あんな悲惨な状況にいらっしゃるのに

涙を流しながら感謝の言葉を述べられる

私は本当に驚かされ 感動しています



バシャールが言っていました

“災害の多い場所に住んでいる人々は 進化を強く望んでいる人々”だと


私は食べたいものを 食べることができています

何だか申し訳ない気持ちになりますが 感謝しながら食べることにしています

“ありがとうございます”と言いながら 食べ物を箸でとり

“ありがとうございます ありがとうございます”と繰り返しながら 食べます


感謝の言葉を繰り返すことで 罪悪感によって氣が滅入るのを防いでいます

感謝の言葉を繰り返すことで こころの周波数が下がるのを防いでいます


東京電力の方や保安院の方や政府の方の会見を見ていると

ついつい 文句を言いたくなります

しかし 人を非難するこころは とても周波数が下がります

三次元の世界では 非難されるような言動をする方でも

より高い次元から見ると

そういう役割を自ら引き受けて三次元に来ていらっしゃることを理解すれば

彼らには むしろ 感謝すべきです

そして 地震と原発にも 私たちに大切なことを教えてくれている点で

私たちに 人生の本質を教えてくれている点で

感謝しています


悲しいけれども 苦しいけれども 全てに感謝しています

ありがとうございます



============================================================
精神世界ランキングにエントリーしています(^^)

(精神関連の人気ブログ一覧が別ウィンドウで開きます。)