私達の肉体は いまここにしか在りませんね

たて軸 よこ軸 まえうしろ軸 の3次元の

それぞれの次元軸の ここ という座標が交わる点と

ときの軸の いま という座標が交わる点

肉体はそこに 常に居るしかないわけです 
 

でも こころは結構自由

昔の失敗にくよくよしてたり

昔の楽しかった時代にしがみついてたり

将来の不安に悩んでたり

嫌な奴を許せなかったり


時間や空間のいろんなところに飛んで行って 考えることができます

この 考える 顕在意識 が自分だと思い込んでいました

でも 考える意識 これ自体は単なるエゴで 自分の本質ではないのですよね


考えることがいけないとは思いませんが

考えてばかり ではいけないように思います


社会に肉体を置いて 生活している私達は

考えて 評価して 判断して 行動する必要があります


でも 考えない時間の方が より大切だということを 忘れていました


宇宙からのサポートは 常に受けられます

しかし いまここ だけが

自分が存在する 次元軸の交点 だけが

宇宙からのサポートを受けられる座標だと思います

エゴがいろいろ おしゃべりしていると

4つの次元軸の こころの座標が あちこち動いて

自分自身が宇宙の源とつながっている座標 つまり いまここ からズレてしまいます


宇宙の源としっかりつながって 的確なサポートを受けるためには

いまここに ただ在る ことが大切だと思うのです

過去の失敗に対する悔いを手放し

過去の栄光に対する依存を手放し

将来の希望や不安を手放し

他人への羨望も恨みも手放し


いまここに ただ在る

いまここを 判断せず 評価せず 素直に受けいれる


そのとき 宇宙の源から 確かなサポートを受け取れるのだと思うのです

そのとき すべての痛みが消え 不安が消え

順調に歩むことができるでしょう


いまここ という座標に闇はありません

そこには ただただ 光があるだけです


エゴが闇が必要だと考えるならば 闇が作り出されるでしょう

エゴが闇を好むならば 闇に入り込んでしまうでしょう


しかし いまここに 光しかないことを知れば

そして となりの座標にも光しかないことを知れば

闇を経験する必要はないのです


たとえいま 闇の中にいると エゴが認識しているとしても

ただ光しかないと宣言したとたん 見渡す限りの光に包まれるでしょう


まったく光の無い洞窟のなかででも 光を放てば 光は少しずつ広がるのではなく

光を放ったのとほぼ同時に辺り一面を照らします

一瞬にして 周囲の壁までが光に満たされます


徒然と書いてしまいましたが

これを読んだら ちょっと いまここ にフォーカスしてみませんか?

こころを 静かに 自分の中の ここに フォーカスしてみましょう


そこには 宇宙の源からの光と情報が満ち満ちています

エゴのこだわりを手放し

宇宙の源からの愛を 観察してみましょう

何の心配も要らないことに気づくでしょう

“あなたは ほんとうに だいじょうぶ” なのです


============================================================

精神世界ランキングにエントリーしています(^^)
気に入っていただけたら、ここをクリックして投票をお願いします(^^)/
(精神関連の人気ブログが開きます)