人生って何?





”こころ”が永久に存在するとしたら、いろんな身体と結びついて何度も人生を繰り返すだろう。前世、今世、来世。この世の外には、たくさんの”こころ”がいるのだろうか? 何度も何度も人生を繰り返して、よりレベルの高い”こころ”になっていくのではないだろうか?

数年前、玉子湯という温泉宿の露天風呂に入っていたとき、すぐ隣を流れる小川に鳥が遊んでいた。そのとき、あの鳥の”こころ”は、次は、何に宿るのだろうか?もしかしたら、物(例えば石など) → ? → 虫 → ? → 動物 → ? → 人間 のように、”こころ”のレベルが上がっていくのだろうか? と一瞬にして感じたことがあった。

結構、同じグループの”こころ”が近い時期に同じような場所に産まれるので、”グループ生まれ変わり”と表現する人もいる。前世では妻だった人が、今生では息子だったりと、関係はいろいろ変わるけれども何らかの関わりを繰り返していくんだという話も聞く。

「袖触れ合うも多少の縁」かと思っていたら、「袖触れ合うも他生の縁」だと妻に笑われてしまった。

何度も何度もこの世で修行をして、最高レベルの”こころ”、宗教的に言えば神様になっていくのだろうか? 一体、最終目的は何?