運命ってあると思う。 

各人が今生で何を克服すべきかは人それぞれ違うし、それを克服するのに必要な人たちと関わっていく。
前世から引き継いだカルマが辛い課題を課して、それを乗り越えることによって、魂(こころ)のレベルが上がるという考え方をよく読むことがある。

ただし、運命どおりに人生が進んでいくとはかぎらないと思う。 真実に気づかずに、何もしないで手をこまねいていると、その運命のとおりに進んでいって、辛い課題に直面する。 つまり、人生の初期設定値。 ある課題を克服したレベルに自ら到達してしまえば、その課題に直面する必要はなくなると思う。 魂(こころ)のレベルを高めるために課題が課せられるのであれば、課題を課せられる前にそのレベルに達してしまえばよい。

何をすればよいのか?

愛すること。 愛のもとに行動すること。

カトリック教会に結婚式をお願いしたときに、神父様にいろいろ教えてもらった。クリスチャンではないが、いろいろ教えてもらって、とても勉強になった。
「宇宙は何のためにあるのですか?」
「神が愛を実践するためです。」
「なるほど!」

神様が最高レベルでいらっしゃるのは、この広い宇宙全体のすべての存在をその愛で包んでいらっしゃるから。 私たち自身もデキルカギリ多くを愛し、愛を実践するために行動することによって、”こころ”の高みに達するのではないだろうか?

自分の言葉、自分の行動、自分が存在することによって、たくさんの人が幸せになれるならば、どんなに素晴らしいことだろう。


PING: TITLE: 運命について URL: http://www.doblog.com/weblog/myblog/13336/317818#317818 IP: BLOG NAME: ソアラのページ DATE: 07/03/2004 07:58:23 [関連したBlog] こんにちはNaokiさん 運命は常に積極的な精神で活動されている人に はよい事が多く起きるようになっているそうです。 ですので心を常に積極的にすることが必要です。 そうすれば必ずよい運命がそこに開かれると思います。