momotan さん、今まで息子さんの幸せのために祈ってきたことと思います。
ためしに、祈り方を変えてみませんか?
無理にとは申しませんが、いやでなければ、以下の方法で奇跡を呼んでみませんか?(^^)


あらゆる思想や、あらゆる宗教に奇跡は伝えられています。

例えば、キリスト教。
聖書が編纂された西暦300年頃、教会の意にそぐわない文書は対象となりませんでした。
それらば20世紀半ばになって発見されています。1945年12月、エジプトの南部のナグ・ハマディ付近で農夫が発見したパピルスに記されていた福音書などです。
そこには奇跡を起こすための具体的な記述があるようです。
要点は「奇跡がすでに起こっている」ことを知ることです。奇跡がすでに起こった感覚を先取りするのです。
うまく言えませんが、われわれ3次元に住むものにとって、未来はまだ来ていません。しかし、こころのレベルでは、どの時点の未来もすでにあるのです。“近い未来において息子さんが幸せな結婚生活を送っている”その喜びと安心と感謝の感覚をありありと実感し、それを現実として受け入れてください。

今現在のあなたのこころの態度が、あなたの未来を方向付けることを受け入れてください。

・あなたの希望することを箇条書きにしてみましょう。
・それをすべて満たす場面を考えて見ます。
 たとえば、息子さんとお嫁さんとお孫さんたちと一緒に息子さんの建てた素敵な家の大きなリビングで楽しい休日を過している。お嫁さんは息子さんにはもちろん、momotan さんにもやさしくて、旧来の親友のように会話が弾んでいる。
・奇跡への階段1〜3(この記事の直前の3つの記事)を参考に、リラックスした状況でその場面を想像する。笑顔で(^^)
・その幸せを与えてくれた神様に感謝する。
・毎日、寝る直前と起きた直後に想像して感謝する。

それから、日常生活のちょっとしたことでも、どんどん練習してみてください。プチ奇跡を積み重ねるのです。
たとえば、混んでいる駐車場に行くときなど、建物の入り口に近いあたりが、ちょうど空いて自分がそこに駐車でき、感謝している自分を想像してみてください。神様が天使に指示して駐車場をコントロールしてくれます。
ちょっとしたことでも、うまくいったら、思い切り喜んで、思い切り感謝しましょう(^^)
できれば、メモ帳を携帯して、プチ奇跡を書き溜めていってください。

神様や天使さんたちが助けてくれていることを実感し、確信できるようになれば、奇跡の大きさは関係ないことが解ります(^^)
大きな希望も小さな希望も同じやり方で叶えられるのです。


神様は人間が喜びの日々を過せるように必ず助けてくれます。
ただし、私たちがきちんとした方法で希望を伝えることが必要なのです。



COMMENT: AUTHOR: momotan DATE: 06/24/2005 13:33:21 こんにちわっ、
私の為に、ありがとうございます。
早速試してみます。
いつでも明るく幸せな発想を・・・・・
だって、それが私の一番の幸せだもの。
ありがとうございます。