今日は朝8時から仕事。
と言っても、先日、変な動きをしてお客様を怒らせてしまったコールセンターシステムのトラブル再現テスト。

あらゆるパターンを想定して、同じ状況を再現して原因を調査するのが今日のミッション。でも、原因が判らなくても、次回発生したときに詳細な調査ができるようにトレースをかけて帰ればよいので、娘には「お昼頃に帰るからDSのカードケースを買いに行こう」と言ってでかけました。

参加者は、インテグレーターの某大企業SEさん、コールセンターソフト開発企業のSEさんと私の3人。電話交換機メーカーのSEさんも呼ぶように某大企業SEさんに要請していましたが、リモート回線経由でサポートを依頼したとのこと。

今日は休日のため本来なら電話受付できませんが、電話交換機のSEさんがカレンダーテーブルの判定を変えて電話を受け付けられるようにしてから、テストを始めました。
するとショッパナから予期せぬトラブル発生。
音声応答サーバーがダウンした状況を想定して、電話をかけると“ただいま混みあっておりますのでお掛け直しください”的なアナウンスが送出されるはずですが、無音! 何も聞こえません。

“これは、想定外! 予期していた現象よりヤバイ”

“今日中に原因を究明して修正しないといけない状況になった。ということは、何時に帰れるか判らない。だから、電話交換機のSEも呼べと言ったのにぃ。”

“もう、1時間も経ってる。何を調べてるんだ! 東京にいるんじゃ、進捗状況もつかみにくい”

などと、イラ立ってしまいましたが、

“いや、待てよ。 天使にお願いしなきゃ\(^O^)/ また、ミカエルさんに怒られちゃうぜ”
と思い直して。

大天使ミカエルさんに、状況の好転をお願いし、神様にゆだねました。

それから、“あぁ、良かった。 解決して良かったぁ(^^)”
と思いながら、コールセンターから出て行く状況をありありと感じ取りました。
つまり、未来を先取り、というか、未来に行って良い軌道を作ってきました。

少しすると、電話交換機のSEさんから大企業SEさんに電話があり、なんと、休日カレンダーの判定を設定替えしたときに、コマンドを間違えて、“込み合っています”アナウンスのフローではなくて、何も応答しないように設定してしまっていたとのこと(^^;

“それじゃぁ、無音になって当たり前だ(^^)”

ということで、とりあえずテストを進めました。

結果的に判ったのは、先日のトラブルはシステムの不具合ではなくて、オペレータのおばちゃんの操作ミスが原因だったということ\(^O^)/。

“あぁ、良かった。 解決して良かったぁ(^^)”


ちなみに精神世界関連の人気ブログ一覧はこちら