さて、運命と言われるものがあります。細木数子先生の六星占術などの生年月日から算出する占いや、アガスティアの葉に記述されている個人個人の人生がそれです。生まれ持った人生の予定というか、初期設定値、デフォルト値です。

人生のレールが敷かれていて、そのレールが上がったり下がったりすると考えても良いでしょう。レールが上がって幸せな時期を楽しんだり、レールが下がって辛い時期を耐えたりすると例えてみましょう。
占いは、このレールの上がり下がりの予定を読み取って、過去や未来を言い当てるものだと言えます。細木数子先生も六星占術は古来からの統計学だと言っています。

レールが下がってしまうとしたら、事前に自分で軌道修正して上げておけば良いのです(^^)/
この「奇跡への階段」シリーズは、その方法を解説したいと思って書いています(^^)/

アテネオリンピックで金メダルを取ったYAWARAちゃんの話も、これだと思います。彼女がどのように意識していたかは解りませんが、スポーツ界におけるイメージトレーニングとして、金メダルを獲得したイメージングは間違いなく行っていたと思います。

============================================================
精神世界ランキングにエントリーしています(^^)
気に入っていただけたら、ここをクリックして投票をお願いします(^^)/
(精神関連の人気ブログ一覧が別ウィンドウで開きます。)


COMMENT: AUTHOR: コユキ DATE: 02/21/2006 19:00:21 谷亮子、、あるTVのインタビューで彼女は印象的なことを語っていました。
「相手と組んだ途端に、どうすれば勝てるか見える」「いつも勝てる手を100は持っている」というようなことでした。
ノッてる時って、そんな感覚ありますよね。
どんな人にも大抵人生でそういう時が1度はあるんだろうけど、それを選手生活の間ずっとキープできる安定感とパワーは確かにすごいと思います。
私もその感覚をどうやったらキープしていけるのか模索しています。そうなったら鬼に金棒なので(笑)

あの時たまたまTVを見ていたのですが、細木さんは「金メダルがとれる確率は5分5分」と言っていました。
リンク先のブログには取れない確率が高いみたいに書いてあったけど、そうじゃなかったと私は記憶してます。