自分の心が現実を作っているのですから、恐怖を抱けば怖いこと、困ること、病や貧困がやってきてしまいます。恐怖を抱かないことが一番ですが、3次元に所属する私たちにとってたやすいことではありませんね。 心に浮かんでしまった恐怖は無視してやりすごしてしまいましょう。

恐れの心から明るい心へは、時間をかけて変化するのではなく、一瞬でポジティブになれるということを心にとめておいてください。恐怖を手放した瞬間に、状況は好転し始めます。

真っ暗な洞窟の中にいたとして、ろうそくの灯をともしたら、ろうそくのあたりから少しずつ明るくなっていくわけではありません。灯が点いた瞬間に、壁まで明るくなるのです。

電話が鳴ったときに、“何だろ? やだな”って思うと、ネガティブな内容の可能性が高まります。 電話が鳴ったら“嬉しい知らせをありがとう(^^)”とつぶやいてから受話器を取れば、少なくともネガティブな内容ではないはずです(^^)

先日、通勤途上で追突されてしまいました。私は無意識にバックミラーぶ写る後ろの運転手さんに“ありがとう(^^)”って言ってました。“ありがとう(^^)”というマントラが状況を好転させるという経験が心と身体にしみついているので、つい“ありがとう(^^)”って出ちゃったんです。相手は、とても誠実なかたで、スムースに解決しました。ついでに壊れかけていたトランクの鍵も治っちゃいましたし(^^;

============================================================
精神世界ランキングにエントリーしています(^^)
気に入っていただけたら、ここをクリックして投票をお願いします(^^)/
(精神関連の人気ブログ一覧が別ウィンドウで開きます。)


COMMENT: AUTHOR: なな DATE: 11/13/2006 18:52:39 なおきさん。こんばんは!
返答ありがとうございます。恐れと恐怖をてばなす。・・・私はいつも、恐れと恐怖をもっていたんですね・・。ただ、やっぱり、恐れを感じていたから、すぐには完璧にはむずかしいと思いますが、この言葉をかみしめながら、恐れをなくしていこうと思っています。
・・・・自分の記憶の中に、未来への不安・自分への自信のなさが、あったのかな・・と
考えてます。
 余談ですが、次ぎの日、3つの箱から、ボールにかかれていた数字を箱から一つづつ、とるくじがありました。(0〜9の数字を書かれていたボールです)
3つの箱から、とった数字は全部7でした。連続777の数字。
くじは、はずれたのですが、メッセージだと思いました。
 いつもありがとうございます。