今週もバークレーババ連合ユージン支部の mikaちゃまが Energy Alerts の翻訳をしてくれているので、転載させていただいてます(^^)/
FtG仲間にもリコネクション仲間にも読んでいただきたい内容です\(^o^)/

Thanks mika ちゃま !

======== 以下、mika ちゃまの翻訳を転載 ========================

5/24/2007


今日はもっとうつくしい明示と経験とともに、より高いエネルギーの波が押し寄せました。
動悸、回路がショートしたような症状、不眠、そしてこの新しい高次のエネルギーが押し寄せた結果として、信じられないほどの平和さえも感じるかもしれません。わたしたちがこのエネルギーの流入を経験しているとき、低いエネルギーの中にも簡単に投げ込まれます。それが起ったとき、わたしたちは頭を何かに打ち付けたくなる感覚、意見の対立、攻防戦の激化などが起こり、その結果攻撃そして別離を引き起こすかもしれません。


緊張は凪の状態の間でもどんどんと高まりますが、もし私たちが望めばシンクロニシティもまだ存在します。


これらに付随して”忙しさ”も続いていて、記録的な勢いで”現実”として私たち前に現れるでしょう。それが望んでいてもいなくてもです。また、移行期に関係するようなことでの忙しさもあるでしょう。
わたしたちはもう少しで完全に新しい場所への移行を終えようとしています。これはほんとうにすごい移行期なのです。


今までにないほど高次の現実から好機のチャンスが訪れています。過去にこのアラートで何度もお話ししているように、わたしたちは高い道も低い道もどちらでも選択することができます。恐怖の伴う古い世界にそのまま残る事も、低い期待、疑惑、危険その他諸々… もしくはただ上に行く、今私たちを取り巻いている高いエネルギーに合わせて上に行くだけです。


新しい波動と現実はそれぞれのジレンマに対するとても簡単な解決方法を知っています。
道を渡るために遠回りをする必要がない事を知っています。
犠牲や努力はこの新しい世界では必要がない事も知っています。
私たちが機能していない関係を無視して、より高くより深い自分自身が存在するという事実を選べば、今、魂レベルでほかの人と繋がれる事を知っています。


高次の世界は私たちが焦点を合わせている事が現実化するのを知っているのです。それはだんだんと習慣化し、私たちを取り巻くすべてがこの現実を創るために貢献し、今この現実は私たちの人生や考え方を決める助けになります。私たちを取り巻くエネルギーは毎日私たちが創造するために選ぶ事柄を援助するのが大好きです。私たちが見たいもの、信じたいものを明示する合図を送ってくれます。
私たちは創造の達人です。自分のほんとうの創造主としての力を知ろうとしないことは、恥ずべき事なのです。


高次の世界では、見ないという事を選ぶとか無視する事を選ぶとか、ほんの少しだけ注目してみるとか、こういう事はもう存在しません。私たちがすべて作り上げているのです。そしてもっと高く振動するとそれがもっとよく見えてきます。ポジティブにフォーカスする事で、はっきりとそれがわかるのです。


だったら、まわりを取り囲む攻撃的なシナリオや侮辱は一体なにを創り上げているのでしょう?
私たちの内側にあるもの、高次の世界ではもう存在できないたくさんのものを無くしていっている今、私たちはパニックを起こすことがあります。私たちはもうこれ以上存在できないのではないかという恐怖、実はわたしたちの内側には純金の塊しか残っていないという事に気づき損ねてはいないでしょうか。(これがなぜ私たちは太ってきているのか、というひとつの理由です。私たちは消えてしまいたくないのです!そして私たちは高次のエネルギーも同時に内側に持っていて、それがまたしっかりとした体格を創り上げている要因でもあります。高次の波動はわたしたちを軽くよりなめらか西てくれると思うかもしれませんが、実際はからだ的にはより重くなっているのです!)


攻撃は私たちが消えてなくなるという恐怖から起ります。それは私たちが信じてきた事が突然無価値になるということでもあります。
私たちは一体何になるのでしょう?今まで高い道だと思って歩いてきた幻想の中にいただけでしょうか?正しくて確実な信念という幻想の中ですか?
もしくは恐怖に囚われるという、いままで私たちが唯一知っているもうひとつのシナリオですか?


しっかりと繋がっていましょう。(私たちが私たちだと思っている)私たち自身をしっかりと掴んで救ってください。違う信念を持った人々(もしくは自分の中の違う信念)を払いのけてください。私たちが進化の階段をのぼったとき、これらは広くいきわたった現実となります。


これが矯正手段です。古い世界では地球は創造と体験のための遊び場として創られました。すべてのものがその存在を許されました。自分が古い世界の家や遊び場にいる事を許されていると思っている人々の想いに関係するすべての想念が正しかったり適切だったのです。批判はいりません。すべて正しくて適切でした。なぜなら、良い悪いではなく、私たちがすべてを創り上げていたので、すべては許されていたわけです。


いま私たちはより高く振動しています。目的地への100通りの道のまわりを吹く風はいりません。
終わりの無い信念の深みを通り抜ける必要はありません。これらの重いエネルギーは切り捨てて、たくさんの違う意見や多種多様な信念と出逢ってください。


高次の世界ではほんのいくつかの信念とシナリオだけが現れます。私たちがこれらに同調できたとき、おのずと高次の世界との調整がつきます。そしてほかの古い世界に存在するすべては私たちに触る事さえできなくなります。


この”信念”とは一体なんでしょう?


わたしたちはほかの人が悪いと信じることもできるし、すべていつも完璧で正しく神理に基づいていると信じることもできます。私たちはたとえ100通りの場所があったとしても、皆同じ場所にいると信じることも選べるのです。結局、私たちはみな願望の中心でひとつなのです。


私たちがほかとの共通点や重複点を見つけるとき、私たちはその個人または大衆を、自分と近いやり方で高次のレベルの願望を表現しているか、サブジェクトの内容、いまいる場所などで見分けます。
こういう事が起るとき、私たちはもっとやさしい魂で、それは同じひとつのもので、ほかと美しく特別な方法で統合されていると感じます。
そしてこれが調整を起こさせて、この調整が今やなんの抵抗も無く、もっとたくさんのエネルギーソースからエネルギーを注ぎ込むためのオープニングやルートを創り出すのです。(抵抗は光の流れをいつもブロックします)


もし私たちがほとんどの時を表現の仕方は違っても同じところをみていると知っていたなら、ほかの人の信念を攻撃することも非難する事も、批判する必要も無い事がわかるでしょう。


光がこの星や私たち一人一人に入ってきた時に手放すべきものは、私たちの思う古い世界で私たちがいままで表現してきた自分自身、低いレベルのやり方すべてです。
もし私たちが高いレベルの見方をもってすべてを飛び越え、みんなが住む統合と調和の世界へいけたら、対立を回避できるでしょう。天国へ通じる道は無数にあります。しかし一度天国へ入ってしまったらどの道を通って入ったかはもう取るに足らないような事です。


あなたの魂レベルでの兄弟姉妹を覚えていますか?
この変化の道を歩むためにたくさんの試練をあえて受け入れる事に同意したのを覚えてますか?
私たちがひとつの大きな統合された家族で、同じ使命や目的を持っている事を覚えていますか?
私たちの共通するゴールは自身を通じてこの星の波動をあげるという事を覚えていますか?
私たちにはそれぞれに自分自身の専門分野や興味のある分野への情熱を通して、新しい世界を創るための特別な使命と目的があることを覚えていますか?



もしあなたが今、(新しい世界を創造するという理由において)情熱と喜びを伴いながらの調整期にあるのなら、あなたは引き続き驚くほどすばらしいシンクロニシティを体験し続けるでしょう。
この調整している場は高次の現実とともにあります。小さな事はこの壮大な計画の中でまったく取るに足らない事です。
小さな事に囚われることは今いる天国からあなたの貴重なエネルギーを奪い取ってしまいます。
これを飛び越えて向こう側へ行ってください。そこには広大な天国での体験があなたを待っています。

天国をあなたのハートに、星の輝きをあなたの魂に、そして今の奇跡的な時に、奇跡をあなたの人生にと祈っています。


サイト:http://www.whatsuponplanetearth.com/latest.htm

======== 以上、mika ちゃまの翻訳を転載 ========================


原文サイト:http://www.whatsuponplanetearth.com/
翻訳文転載元:http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=18881513&comment_count=0&comm_id=1730147


============================================================
精神世界ランキングにエントリーしています(^^)
気に入っていただけたら、ここをクリックして投票をお願いします(^^)/
(精神関連の人気ブログ一覧が別ウィンドウで開きます。)


COMMENT: AUTHOR: ふみ DATE: 05/27/2007 16:11:17 なおきさん、いつもアリガトウ!ございます!またまたタイムリー・・・以前転載させていただいたブログも反響をよびました。また転載させていただきます。宜しくお願いいたします。