20年くらい前は、パソコンのワープロでも表計算ソフトでも

実際に印刷してみないと どのように印刷されるかが判りませんでした

ですから 画面で表示されているものが そのまま印刷される技術WYSIWYG は 当時ちょっとした驚きでした


>WYSIWYG(ウィジウィグ)とは、コンピュータのユーザインターフェースに関する用語で、
>ディスプレイに現れるものと処理内容(特に印刷結果)が一致するように表現する技術。
>What You See Is What You Get の頭文字をとったものである。
>直訳すると、「あなたが見るものはあなたが得るもの」。WYSWYG(ウィズウィグ)とも。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


あなたが見ているものが あなたが得るもの(^^)

これは 心の目に映っている状態をあなたは経験する という意味にもなります

きちんと 映像を自分の心に投影していればですが


理想の状態を ありありと心に映すのは 意識的に行わなう必要があると思います

「思考は現実化する」とういコンセプトがありますが

「お金持ちになりたいって思っているのに全然なれない」 とか

「出世したいって思っているのに 仕事がうまくいかない」 とか

“思っているのに”そうならないのは

“思う”ってことを 具体的に教えてもらってないからかもしれません


一日のうち 理想の未来を心に投影している時間をどれだけもっていますか

過去を想い起こしていては たとえそれが良い思い出だとしても それ以上の未来を作り出すことはできないのです

あなたは自由で 想像力は無限なのに



最近の物理学では すべての本質は振動だと言っています

物質もエネルギーも 振動しているから存在しているのだ と


単位時間当たりの振動する回数 振動の速さが 周波数ですね

こころ というエネルギーも周波数 および 波形 という特性を持つ振動により存在します


そして 想いという エネルギーの振動の周波数が 未来に存在しうる現実の波動の高さに影響するのです

つまり 未来の現実を選択することができる


あなたの思いの固有振動数を高め 未来の“場”の固有振動数の倍音のうち

充分に高い倍音を共振させるとき あなたは奇跡を顕現化することができます

※場:ものごとが起こる3次元的位置と4次元軸である時間の交点
※倍音:固有振動数の整数倍の周波数


僕の場合 どうやって心の周波数を高めるかは「奇跡への階段」シリーズで書いてきたのですが


簡単なのは 笑顔ですよね

作り笑顔でも良いし 口角を上げるだけでも良いし

口角を上げるだけで 脳は楽しいことを経験している状態の周波数に近付きます

ピンチのときでさえも 口角を上げることぐらいできるはず

口角を上げると 心の周波数が高まり 状況は自動的に改善されていく


また ありがとう と感謝するのも良いですよね

ありがとう と言うだけでも こころの周波数が高まります


周波数が高いこと 波形がクリアであることは 高次元へのアクセスの鍵だと感じています

周波数が充分に高く 波形がシンプルであると 四次元目を自由にコントロールでき

さらに周波数が高められれば 波形が完全に美しいならば 五次元以上の世界にアクセス可能になると

直感的に感じています


証明はできないけど(^^;

============================================================
精神世界ランキングにエントリーしています(^^)

(精神関連の人気ブログ一覧が別ウィンドウで開きます。)