潜在意識 

以心伝心

Kutsumi さんの Blog [life is...leisurely] の [がんばったで賞♪]からのTBです。


私が Kuthumi さんの Blog を読んでから、カラーセラピーを google で検索して読んでいたら、向かいのキッチンで食器を洗っている妻が「相川七瀬ってカラーセラピーやってるんだってね? やってるって言っても教えるほうだよ!」って言ったのです。

妻とはよくこういうこと、つまり、同じことを考えていることがよくあります。
シンクロニシティ(共時性)とも言えます。

人の心は潜在意識の向こうでつながっているんだなぁってあらためて感じました。
っていうか、人の心はみんなつながっていて、根っこは1つなんだと思います。

我々が自分で意識している自分の心は潜在意識の上の顕在意識であって、おおきな潜在意識という木の枝の葉っぱみたいなものでしょうか。

“噂をすれば・・・”とか、テレパシーとかは、潜在意識を前提にすると説明がつきます。

潜在意識を経由して心がコミュニケーションするということです。
誰でもそうなのですが、顕在意識の賢しら(さかしら)が邪魔をして、その機能を活用できていないだけです。

ノイズを取り除いてピュアな心を保てば、潜在意識をもっと活用することができるのだと思います。


続きを読む

この世はナニでできているの?

我々が見ているこの世界は実在しますか?
この世の中に物質はあるのでしょうか?

「当たり前じゃん! 見てみな! 触ってみな! 周りに何でもあるだろ!」

ちょっと待ってください。
我々の意識がそれを認識しているだけです。

目の前に見える物は、見えると認識しているだけです。
目の前の物を触ったら、触覚で感じているだけです。
完全なバーチャル・リアリティかも知れません。

すべての感覚が完全に巧妙に統合されてプログラミングされているならば、この世はなくても我々の体験は成立します。そうではないという証拠はありません。

その場合、必須なのは、絶対必要なのは、我々の意識、魂です。

我々の意識、心の態度が変われば、この世のすべてを変えられるのだと思います。
この地球上から恨み、諍い、争いなどを全て消し去ることも可能だと思います。


プラシーボ効果って

1つまえの blog でプラシーボ効果という言葉を使ったのでちょっと説明させていただきます。

1970代のUCLAだったと思いますが麻酔の研究のために行われた実験です。
親知らずを抜きたい人を集めて、抜いてあげるのですが、被験者の半分にはきちんとした麻酔をして、ほかの半分の人には何の薬効もない偽薬を使います。医者も患者も全員が本物の麻酔だと信じています。
その結果、偽薬を投与された患者の6割に麻酔の効果があったということです。

つまり、人間は心の底から信じれば、自分の体は予想以上にコントロールできるということだと思います。病気も本人の気持ちしだいで発症もするし、治すこともできると思うのです。ここは東洋医学の範囲に近いと思います。ただし、実際の治療は西洋医学と併せて行われるべきだと思います。

科学の範囲で言えば、これは脳の働きです。科学の範囲を超えれば、こころというエネルギーの波動の効果だと思います。

何をするにも前向きで明るい気持ちでいられれば、身体も元気になるし、自分の未来が良い方向に進みます。世の中の成功者は、みんな努力家でしょうか? 決してイコールではないと思います。 努力しているふうでもないのに、たいていのことが上手くいってる人って周囲にいませんか?

努力しているかしていないかよりも、明るい気持ちでいるか暗い気持ちでいるかが重要に思えます。
明るい気持ちでいると良いことが起こり、その結果、明るい気持ちが維持もしくは増進できるのです。
幸せの連鎖に乗りましょう(^^)


続きを読む

しあわせに過ごす奥義(^^)

朝、目が覚めたら、すかさず「今日もいい一日になるぞ(^^)」と繰り返しつぶやく。
思いっきり、無理矢理、笑顔になって、「今日は最高にいいことがあるぞ(^^)」と言って、うれしい気持ちになって、心を期待で満たす。
「なんて、ついてるんだろう! 本当にありがとうございます」と感謝の気持ちでいっぱいになってから起き上がる。
だれに感謝してもよい。神様、仏様、ご先祖様、イエス様、主、アラーの神、宇宙の力、両親、家族。
ちなみに私の場合は「万能なる宇宙のパワー、全知全能の神様、私たち家族を守り続けてくださっている精霊の皆さん」に感謝して、嬉しい気持ちを「潜在意識」に引き渡す。

カーテンを開ける瞬間も、玄関を出る瞬間も「今日も、とってもいい日になるぞー!」と笑顔でつぶやく。会社へ向かう途中も「仕事がどんどん進んでいい日になるぅ(^^)」と期待でいっぱいになり、電話がなったら「おっ!いい知らせだ!」と心の中でつぶやいてから取り、トラブルが起きそうになっても「これは、すぐ簡単に解決する!なんて、ついてるんだろう!」と期待する。そのように心がけてからは本当に仕事が順調。別に自分が努力するでもなく、誰かがやってくれちゃったり、強力なサポートが入ったりで、スルスルと進んでしまう。

良いことがあったら嬉しい、笑顔になる、感謝する、というのが一般的な順番。
でも、逆もまた真なり。
嬉しい気持ちに無理矢理なっちゃう、先に笑顔になっちゃう、良いことが起こったように感謝しちゃうと、良い事がやってくる。
不安な気持ち、怒り、恐れが心にあると嫌なことがやってくる。

いかに自分の心を前向きの気持ち、明るい気持ち、期待する気持ち、感謝の気持ち、喜びの気持ちで満たし続けるか。

それが毎日しあわせに過ごす奥義(^^)


続きを読む

TB:一人の力の大きさは?

わがまま娘さんのBlog「その日暮らし」のの[”一人の力の大きさは?”]よりトラックバックしました。

>自分の心が格下げになってでも「あの人のことは適当に無視しよう。」と言う結論

喧嘩するより、イライラするより、無視して心の平静を保つほうが重要だと思います。 イライラする方が格下げになると思います。

>この方一人の人間関係が保てないだけで、ここの会社はとってもいずらい。
>でも、この人一人だけだからね〜、と思うと会社を辞めるまでには至らない。

試しに、ちょっと寝る前に瞑想してみませんか?
・ふとん(ベッド)に仰向けに横たわります。
・へそ下10cmくらいのところ(丹田)に息を吸い込むようにゆっくりと呼吸します。
 数秒間吸って、十数秒間吐きます。吐くときはすべての息を吐き出します。慣れたら、呼吸の時間を伸ばします。
・仰向けに横たわって身体をリラックスさせます。
 足首から下がリラックスする、ひざから下がリラックスする、という
 ふうに言い聞かせて順番にだんだん身体全体をリラックスさせます。
 うまくリラックスできると、身体の意識がなくなります。自分が心だけになります。
・例の人と笑顔で楽しく話している場面を想像します。なるべく具体的かつ詳細に、臨場感を感じて想像します。楽しい気分を味わいます。
・楽しい場面を想像しながら眠ってしまってください。

これだけです(^^) 日中は何も意識する必要はありません。
自然とその人との関係が改善されると思います。

一週間やって何も改善されなかったら料金はお返しします(^^)

続きを読む

潜在意識さんお願いします m(._.)m

我々が物事を考えるのは顕在意識の中でのこと。
その向こう側に潜在意識がある。

顕在意識ではドンドン忘れてしまうけれども、潜在意識にはすべての経験や想像が記憶されている。
潜在意識には目的実現システムがあるので、希望が叶った状態をイメージして、それを顕在意識が「そんなの無理」と否定することなく潜在意識に送り込むことができれば、その希望は実現される。
眠る直前や目が覚めた直後は顕在意識の活動レベルが低下しているため、潜在意識に希望を伝えやすい。

どうにも解決しないことがある場合、眠る直前に潜在意識に答えをくれるようお願いするとよい。夢の中や目が覚めた瞬間に解決方法がひらめいたりするので、枕元に記録道具(ペンとメモ、MDなど)を置いておくとよい。

試しにお願いしてみる。
眠る直前に時計を見て、「今、○時○分だけれども、明日の朝は○時○分に起こしてください。」とか、「〜に起きるぞ!」と言って眠ると、よっぽど体調が悪くない限り、その時間に自然と目が覚める。


続きを読む

想いは伝わる

あまり話したことないけど気になる相手と親しくなりたい、苦手な人との関係を改善したい、そんなときは頭で考えるよりも、効果てきめんのおまじないがあります(^^)

夜眠りにつくまでのあいだや朝起きたばかりのウトウトしているときに、その人と楽しく仲良く笑顔でしゃべりまくっているところをイメージする。できるかぎりリアルに音や雰囲気が感じられるように、本当にその場にいるようにイメージする。そして、その楽しさと嬉しさをリアルに感じて、感謝の気持ちが湧き出てくるようだと、もう実現間違いなし。こちらからアクションを起こさなくても、不思議なきっかけで実現します。

具体的な目的があるならば、イメージも具体的な方がずぅっと良いです。例えば相手のメールアドレスが知りたいならば、その人がメールアドレスを紙に書いて教えてくれている場面をイメージします。そのときの相手の笑顔、紙の厚さや感触、嬉しい気持ちなどを活き活きとイメージします。

慣れないと実現までに時間がかかるかも知れませんが、慣れれば昼間でもイメージして数時間で実現します。

何故そうなるかを理解するには何冊も本を読む必要があるけれども、敢えて簡単に書くならば、以下のとおり。

すべての人間の心(顕在意識)が、それぞれの人の心の奥深くでつながっている(潜在意識)。そこを通じて想いが伝わる。心の奥深くに実現して欲しい希望を渡すことができれば、かならずそれは実現する。ただ、そこに希望を渡すには、やり方があるらしい。いろいろな本で書かれていることから推測すると、そのやり方の一つ、かつ、説明しやすいのが、上記に書いたウトウト状態でイメージする方法。

あの人にどう話しかけようか、あの人と何を話そうか、などと理性的に考えても緊張してしまって、心も表情も硬くなってしまいます。 それよりも、潜在意識に任せてうまく取り計らってもらう方が実現可能性大なのです。

別に何故そうなるかを理解する必要はありません。エンジンの中でどういう化学反応が起きているかを知らなくたって、どういう機構でピストン運動がタイヤの回転運動に変換されるかを知らなく立って、車を運転できるのです。

潜在意識がどういうしくみで未来を改善してくれるかを知らなくたって、潜在意識に希望を渡す方法がうまくできるようになれば、希望が実現する(プチ奇跡)のです。

続きを読む

応用編クリア

昨日の夕方から発生した仕事上の問題は難題であった。しかし、ここのところアフォーメイションが効果を上げていたので、これは応用編だと思った。広大無辺なる宇宙の力が解決に導いてくれることを期待していた。今朝は、さらに事態が難しくなるように見え、午後になっても数人を巻き込んで迷宮入りになりそうだった。ところが、夕方になってスルっと解決してしまった。全知全能なる神様が正しい解決方法を示唆してくれたのか、今までの自分のやり方と全く異なる方法を選択したことによって、一瞬にして解決に向かった。直属の上司からも、他のチームのチーフからも褒められるほどの解決であった。取引先の営業さんからも感謝されてしまった。

潜在意識が現実の未来を好転させてくれた。精霊さんたちが私の見方である。

最後まで偉大なる力を信じ続けると、予想できない方法で解決されることが少なくない。今回はその最たる例だった。

心から感謝。

四つ足は食わない

気功の師匠の言葉「四つ足は食わない」が気になる。

パキスタン出身の友人もイスラム教のため、動物の肉は決して食べない。

アメリカ人の友人はベジタリアンだが、「可愛そうだから」と言っていた。

物質に”思い”が残っているのを感じ取れると書いていた気功師がいた。
自然の石を握っても何も感じないが、地面に叩き付けてから握り直すと、”怒り”が
こもっているのが解るという。
石器時代の石鑓の先からも狩猟をしていた古代人の石を感じ取れるという。

動物の”思い”が肉に残っているとすると、食べた人の心の波動が乱れるだろうか?

イスラム教徒はハラールというお祈りを済ませた肉なら食べる(という人もいる)。
肉に残っている”思い”を除去するという意味だとすると、決してナンセンスでもない気がしてきた。

師匠は何故、鳥なら良いのだろうか?

今日も意識が通じた

やはり、間違いない。
苦手な上司でも、心の中で愛を放射すると、人間関係がたちまち改善する。

心の中でプラスのイメージをしまくっただけで(外の世界ではなにもアクションしないのに)あちらから電話が掛かってきて、非常に楽しい会話ができた。

もう一人の方は、私がやる仕事を代わりにすすんでやってくれた。

もう誰も苦手な人はいないと言える(^^)

最新コメント
記事検索
  • ライブドアブログ