気功 

奇跡への階段 その2のおまけ

“奇跡への階段 その2”のおまけです。

前回、丹田呼吸について書きましたが、ついでに気功の世界に寄り道してみましょう(^^)

気という生命エネルギーの一種を身体の中で意識的に回して、身体全体の気の流れを良くするテクニックです。
疲れが取れたり、睡眠不足を解消できたり、自然治癒力が高まったりする効果があります。

百会(頭頂部)から身体の前面中心を沿って会陰(肛門と泌尿生殖部の間)までのラインを任脈と言います。
逆に背面中心を沿うラインを督脈と言います。
息を吸うときは舌先を上の歯ぐきに当てておいて鼻から吸います。
吐くときは舌先を上の歯ぐきから離して口から吐きます。

まずは、女性の場合です。
百会に意識を持っていきます。頭頂部にまばゆい光の玉が輝いていると想像しましょう。息を吐きながら、督脈に沿って光の玉が下がって行き、吐ききったときに光が会陰に来ます。
息を吸いながら任脈に沿って光の玉が上って行き、吸いきったときに光が百会に来ます。
この繰り返しです。

男性の場合は、逆周りです。
百会に意識を持っていきます。頭頂部にまばゆい光の玉が輝いていると想像しましょう。息を吐きながら、任脈に沿って光の玉が下がって行き、吐ききったときに光が会陰に来ます。
息を吸いながら督脈に沿って光の玉が上って行き、吸いきったときに光が百会に来ます。
この繰り返しです。

うまく行けば、身体全体がポカポカしてお風呂に入っているような気持ち良さを感じられます。また、朝、目が覚めたときに睡眠不足を感じたならば、10分程度の小周天によって、熟睡したあとと同じくらい爽快に起きられるようになります。

伝統的な小周天は、後者、つまり男性の場合として書いた方向だけでしたが、福岡の外科医、矢山利彦先生が女性の場合は逆向きだということを実験で証明しました。また、本来の向きと逆の方もいるそうなので、うまく行かないと感じたら逆向きをやってみるのも良いと思います。さらに、1つの方向で続けて上達してくると、あるときに逆向きの方が良くなることもあるそうです。

人間の身体を宇宙として、その中でエネルギーを回すので小周天と言います。ミクロコスモスでしょうか。これに対して、マクロコスモス、宇宙全体の気を頭頂部から取り込んで、足から宇宙に向かって放出し、エネルギーを宇宙全体の中で回す技術を大周天と言います。

小周天しかできない場合、他人を外気治療すると自分の気が減るため、くたびれます。若い気功師の方が良い気が出る、などという考えは小周天のレベルの話です。大周天に達しているならば、宇宙の気を取り込んでから、相手に向かって気を出すため、まったく疲れません。

だいぶ、話が脱線しましたので、今日はこの辺で(^^;

============================================================
精神世界ランキングにエントリーしています(^^)
気に入っていただけたら、ここをクリックして投票をお願いします(^^)/
(精神関連の人気ブログ一覧へのリンクにもなっています。)


続きを読む

年末防犯警備

本日は1日中外に立ってました(^^;

私は金融機関の本部に勤めており、この時期、本部行員が防犯応援ということで、営業店に出向きます。銀行強盗の犯人は必ず数回の下見をしており、警備の甘そうな金融機関を選ぶそうです。ですから、“警備に力入れてますから〜!”ってのを見せ付けるために、本部行員が腕章を付けてキャッシュコーナーの外に立ったり、店の周囲をうろうろしたりします。

自分の仕事だって忙しいのに1日つぶれるし、寒い中外に立たなきゃなんないし、みんな大嫌いの防犯応援です。しか〜し、私には最高の1日でした\(^o^)/

夕べ天気予報を見たら、今日(17日)は前日(16日)より最高気温が10度下がって10度!さらに朝起きたら物凄い強風! その都度、「これも神様が私を試してくださっているのだ。気持ちが暗くなったり不安になってはいけない。神様は私に乗り越えられない課題を与えないので、私は今回も乗り越えられる。」と笑顔で感謝することにより、心の波動を高く保ちました。


さて、7時ちょっと前に家を出て8時過ぎに指定された営業店までの間、最近私が好きな、お日様神様(最近私は太陽をこう呼んでます)が目の前に(^^)お日様神様からの暖かいエネルギーをずうっと顔に浴びながら、いつも我々に活力の源を放射してくださっていることを感謝しながら店に向かいました。
営業店に着くと、みんなから「大変な日に当たっちゃいましたね」の大合唱で迎えられました。寒いし風が凄いしで、みんな心配してくれましたが、私はきっと楽しく乗り越えられるという期待で心を満たすことに努めました。

8時45分の朝礼のあと、店の前に出て見ると、やはり目の前にお日様神様が(^^)
そう、3時の閉店までの間、外で警備をする私はお日様神様と一緒だということに気付きました。

来店してくださるお客様、お帰りになるお客様に挨拶の言葉をかけ、ときどき、話がはずんだりしながら時間が過ぎましたが、やはり風は冷たくて強いので、体の芯まで冷えます。

10時頃、背広のポケットに“ブルーグリーン・アルガエ”が1粒あるのを思い出し、飲みました。
これはオクラホマのクラマス湖にしかいない苔のフリーズドライで、地球上の生命誕生の頃から数十億年そのまま生き続けてきたものです。インディゴ・チルドレンがADHD(注意欠陥多動性障害)やADD(注意欠陥障害)のような症状を現したときに、この栄養機能食品がとても有効です。

私はDNA修復、記憶力向上、精神安定、さらには、心の波動を浄化するために先週から飲んでます。

これが効いたのか、いいアイデアが生まれました。「こういうときこそ、氣功じゃん!」
お日様神様の暖かさを感じながら、体中の関節を緩め、筋肉も可能な限り(倒れない程度に)緩めます。氣は緩めたところに通りやすいのです。

[小周天]で体の中で氣を回します。そうすると、段々暖かくなってきます。歩きながらやったりして、氣功を楽しんでいました。

しばらくして、大周天をやってみたくなりました。小周天は身体(ミクロコスモス)の中を回しますが、大周天は天地の氣を取り込み、身体のなかを貫通させる技です。天の氣は頭の天辺、つまり、百会(ひゃくえ)のツボから、地の氣は腰のあたり(お臍の背中側)つまり命門(めいもん)のツボから取り込みます。

中国的にではなく、インド的に言えば、チャクラを開いてプラーナ(生命エネルギー)を取り込むことだと思います。

とりあえず、今日は頭の方から、ということで、小周天で数回まわしたあとに続けて、息を丹田に吸い込みながら、お日様神様からの暖かエネルギーを頭頂部から身体に取り込む練習をしました。しばらくやっているうちに、何かが頭頂部から入ってきました\(^o^)/ 言葉で書き表せません。 氷山の一角でしかないことを前置きして、あえて書くならば、お日様の光を浴びて皮膚に感じる暖かさが頭から体内に入り込んできた、という感じも含んでいます(これだけでは言い表せていませんが)。

お日様からのエネルギーが頭頂部から入って、足の裏までズーンと、かなぁ、ホワーんとかなぁ、暖かさが貫いた感じです。その瞬間に、さっきまで冷え切っていた体が芯から暖かくなり、立ち続けていたために感じた疲れがすべて消え去りました。

やったぁ〜!

3時の閉店まで、小周天、大周天(と言えるかどうか)を楽しんで、寒風の中を快適に過ごせました。

シャッターが閉まって3時すぎに店内に入り、コーヒーをご馳走になると、支店長から「本日はお疲れ様でしたね。今日はこれでお帰りいただいて結構です。風邪をひかないように身体を休めてください。」とのお言葉。

車で家に向かうと、やはり、目の前にはお日様神様が(^^)
西の空に見えなくなるまで、お日様神様に感謝しながらのドライブでした。


背が伸びたのは何年ぶりだろう?

たぶん、気功の効果だと思うのですが、背がのびちゃいました。

ここ何年も174.5cmだったのですが、人間ドックで176.0cmになっててビックリ!
毎年同じ機械で自動測定しているので誤差だけではないと思います。

気功、特に動功は体操みたいなものですが、気のとおりをよくするために脊椎を柔軟かつまっすぐにすることが目的のひとつです。ですから、湾曲していた背骨がまっすぐになってたのと、詰まっていた骨の間隔が少しずつ正常に戻ったのだと推測してます。


骨盤を適正な位置に戻す

今日は週一の気功教室。

変な座り方で片道50分の通勤、変な座り方で朝から晩までパソコン仕事。
そのため、一週間かけて腰が少しずつ悪くなって、金曜日の気功教室で治るというサイクルを繰り返していた。

しかし、先週は職場の送別会で気功を休んでしまったためか、この2、3日、右の骨盤が、かなり開いてしまっていた。

仰向けに寝て両足を伸ばすと、つま先が上を向くはず。脱力状態では両つまさきが少し外側に開く。しかし私の場合、右のつま先だけが大きく外に開いてしまっていた。気功を始める前はもっと開いていたが、気功を初めて1ヶ月後から、3日前くらい前までは、両つま先が左右対称に開いていた。しかし、夕べ確認すると、右のつま先の方が、左よりも大きく開いていた。

また、足全体を軸に回してつま先を内側に倒すと、左の第一趾(足の親指)は床にペタンと付くが、右はそこまで倒せない。

以上のことから右の骨盤が開いていることがわかる。

気功教室は最初に歩く動功で始まる。上半身で、いろいろな動きをしながら328歩あるく。
今日は歩き始めたとたん、先生が「こらぁ〜! きみキチンと歩かなきゃ駄目だぁ!」といきなり一喝。「足腰がおかしくなってるから、今日はきみを中心に徹底指導だ!」と 一瞬にして、私の状態を見抜いてくれた。

後半、「今日は秘伝を教えるが、許可するまで他言しないこと」といっって禅功についていろいろ教えてくれた。ときどき、秘伝の教授があるのでウッカリ休むとトンだことになりかねない(^^;

禅功をやっていると、やはり、右の骨盤周りだけが自然に動いてくれないことがハッキリ感じ取れた。

今日の気功教室だけではベストな位置に戻ったとは言えないが、だいぶ戻ったらしく腰が楽になった(^^)

暑かった

みしゃさんの Blog "I'm sassy girl " の[ちょっとお昼寝でも。。。]からトラックバックです。

今日は暑かったっすね。

情報システムの設計という仕事柄、冷暖房完備の環境にいつもいるので、暑さ寒さには弱いのです。
でも、今日は、[みしゃさんの Blog ]のおかげで、エアコン我慢しても楽しく過ごせました(^^)


夕方からの風がとても気持ちよかったので、庭の草むしりをしました。

空を見上げると、雲の間からのぞいている青空がとても素敵でした。

両手を天に向けて深呼吸をしてみると手のひらがムズムズしまくるのでした。
これが気、つまり宇宙から降り注いでいるパワーの源なのだろうか?と実感しました。

東側の空に向けてやったときは、あきらかに感じるのですが、西の空に向けてやってみると少ししか感じられませんでした。

そういえば、たしか元外交官の岡崎久彦氏が書いた「なぜ気功は効くのか」だったか、外科医の矢山利彦氏が書いた「気の人間学」のどちらかにあったと思うのですが、やはり、東から西への気の流れがたしかにあるようです。
気が宇宙から降り注ぐエネルギーであるとすれば、自転している地球上では東から降り注ぐのは理解しやすいです。


車で小周天

今朝は寝ぼけて小周天をやらずにもたもたしてたら、出勤の時間になってしまった。身体がだるくて頭がスッキリしないので、会社までの50分の運転中に小周天を試みた。やはり、効果はほんの少ししかない感じ。そもそも、車の運転中にトランス状態になってるんぢゃぁ、危なくてしょうがない。今後はやらないようにしよう。昼休みの食後に仮眠室のベッドで小周天をしたら、心も体も絶好調!

気功の効用 その3

やはり何と言っても、私にとってもっとも嬉しい効用は、寝不足にならないこと!

以前は睡眠時間が短いと頭がぼーっとして、身体がだるくなって、性格も悪くなるヒトだった。

しかし、小周天をやってみたら、睡眠不足が簡単に解決してしまった!
小周天のやり方は、師匠から借りた本の1つ「気功は何故効くのか」(岡崎久彦著、PHP文庫)という元外交官の方が書いた本を読んだら、簡単に理解できた。

要は丹田呼吸(へその下を意識して、そこに息を吸い込む呼吸法)で吸いながら意識を会陰から背中伝いに百会まで持っていき、吐きながら百会から身体の前を通って会陰まで意識を下げていく。 意識の移動は、健康の光の玉が移動するのをイメージしても良いと思う。

外科医の矢山利彦氏は、女性は逆周り、つまい吸いながら身体の前を伝ってあげていき、吐きながら背中を伝って下げるということを発見した。 私の師匠は閉経後の女性は男性と同じ向きだと言っている。

とにかく簡単。

いつも寝る直前と起きた直後にやっている。はじめてやってみたときから、数分後には風呂に入っているように身体全体がポカポカとして気持ちよくなってリラックスできた。 4時間くらいしか寝る時間がなくて起きた朝、身体がだるくて頭がぼーっとしているのを感じてから、小周天をおこなうと、すぐに身体が軽くなり、頭もスッキリしてしまう。
一日中快調!

何故、そうなれるのか不思議。

気功の効用 その2

外側に開いていた骨盤が正しい位置に戻ると、内臓が正しい位置に上がるらしい。
ウェストが細くなったことを書き忘れた。

ベルトの穴の位置にして2つ〜3つくらい、お腹まわりが引き締まった(^^)

気功の効用 その1

気功を始めて1ヶ月経った。

いくつか感じている効用のうちの1つは、身体がまっすぐになったこと。

以前は右の骨盤が開いていたため、骨盤に乗っている背骨が斜めになり、無理矢理バランスを取るために身体のあちこちが歪んでいた。 というか、身体のあちこちがまっすぐになったので、いままで歪んでいたことが逆に判った。

何年も骨盤が開いていたが、仰向けに寝て両足を伸ばすと右のつま先が左よりも大きく外側に開いていた。仰向けで足を伸ばしたまま左のつま先を内側に旋回すると簡単に右足のかかとまで回るが、右足を内側に旋回しても同じようには回せない。 つまり右の骨盤が開いていたため、そこからつながっている右足も外側に旋回した状態だった。

しかし、いまは左右対称(^^)v

立っていても身体のまっすぐ感覚が心地よいし、長時間座っていても腰が痛くならない。もう座骨神経痛にはならない自身がある。

これは動功(体操のように動く気功)のおかげか、静功(瞑想のような動かない気功)のおかげなのか? 骨格の矯正だから動功が効いた気もするが、動功は週一回、先生に習ってやっているだけなのに対して、静功は毎朝毎晩寝床でやっているので、静功のような気もする。

いずれにしても、身体が快調(^^)

最新コメント
記事検索
  • ライブドアブログ