奇跡への階段 

願いが叶わなかった場合の心構え

前の記事の ななさんのコメントに対する答えですが、文字数オーバーでコメント欄に書けないため記事にしました。

ななさん wrote:
>あの、一つ疑問があるんですが、例えば天使さんに、「今日の天気ははれてください」と、
>願ってかなわなかった時、それはやはり理由があるんでしょうか。
>願いがかなうときと、かなわないときは、なんか差があるんでしょうか。

天気が思い通りにならなかった理由は、いくつか考えられます。

1.
お願いはしたけれども、心の片隅に僅かな不安が残っていた場合。不安があるということは、天使を信頼できていないことにもなりますので、お願いをしたら、信じて、すべてを委ねましょう。先に、願いが叶ったつもりで喜んで、感謝してしまうことです。

2.
晴れるようにお願いしたけれども、天使から見たら雨の方が良いという場合。この場合、あとから、“なぁるほど! 雨のほうが良かった!”と気づきます(^^)

3.
あと、もしかしたら、雨を願った人の方が多かったり、願いが強かったり、したのかもしれません。

また、もちろん、私が考えられる理由なんて、ちっぽけなもので、もっと深い理由があるかもしれませんネ(^^)/

いずれにしても、大切なのは、気にしないことです(^^)
良かった点に注目して喜ぶように心がけて、心の周波数を下げないようにすることです。

今朝、下の子供が本のキリンとシマウマを見て喜んでいたので、車で1時間くらいのところにある動物園に行くことにしました。天気は曇っていましたが、まったく心配していませんでした。動物園の駐車場に着くと、遊園地が見えてしまいました。下の子は、乗り物大好きな男の子ですので、動物園のあとは遊園地に当然行けると思っていたようでした。

車から降りて、動物園に歩き出したとたん、雨が降り始めました。そこで、いつもどおり、空の神様に雨を止めてほしいとお願いしました。すぐに雨は止んでくれました。神様のおかげで、動物園を見て回っているあいだ、雨は降らずにいてくれました。

駐車場に戻る途中で、雨が強く降り出しました。妻と私は雨だから、帰ろうと子供たちに言い聞かせましたが、下の子は怒り出して、どうにも治まりませんでした。すると、妻が、車の中から、去年の花火大会のときに買った透明ビニール傘を数本見つけました。

上の娘が、観覧車なら雨でも大丈夫というので、傘をさして観覧車に乗ってきました。雨のため他の乗り物は動いていないため、観覧車だけ乗って帰りましたが、子供たちは大満足でした(^^)

すぐ近くにある有名な神社にお参りしてから、知り合いの先生が主催のバレー発表会に行きました。

私には、たくさん、感謝すべきことがあります。
動物園では、雨が止んでくれたため、すべての動物を子供たちに見せられたし、写真やビデオも撮れたこと。

良いタイミングで傘が発見されたこと。

雨が降っていたけれども、観覧車に乗れて子供たちが満足だったこと。

雨が降っていたため、観覧車以外に乗ることなく、早めに神社に行けたこと(夕方以降はいかないことにしています)。

同じく、遊園地を早く出たので、バレー発表会にも間に合ったこと。

たくさん感謝することが、願いを叶えやすい心をつくる秘訣の1つです(^^)/

============================================================
精神世界ランキングにエントリーしています(^^)
気に入っていただけたら、ここをクリックして投票をお願いします(^^)/
(精神関連の人気ブログ一覧が別ウィンドウで開きます。)


続きを読む

奇跡への階段 その6

思考を現実化しやすくする栄養

 ・感謝の気持 「ありがとうございま〜す(^^)」

 ・ワクワクする気持 「ワクワクぅ〜(^^)」

 ・期待する気持 「どんな風に実現するのだろう(^^)楽しみぃ〜(^^)」
 思いもよらない方法で現実化することが多いのです。

 ・ツイてると感じる気持 「信号が3つ続けて青!ツイてるツイてる(^^)」

 ・笑顔 (口角を上げて、眉も上げて、目もニコニコ)

人気ブログランキングへ


続きを読む

奇跡への階段 その5

さて、運命と言われるものがあります。細木数子先生の六星占術などの生年月日から算出する占いや、アガスティアの葉に記述されている個人個人の人生がそれです。生まれ持った人生の予定というか、初期設定値、デフォルト値です。

人生のレールが敷かれていて、そのレールが上がったり下がったりすると考えても良いでしょう。レールが上がって幸せな時期を楽しんだり、レールが下がって辛い時期を耐えたりすると例えてみましょう。
占いは、このレールの上がり下がりの予定を読み取って、過去や未来を言い当てるものだと言えます。細木数子先生も六星占術は古来からの統計学だと言っています。

レールが下がってしまうとしたら、事前に自分で軌道修正して上げておけば良いのです(^^)/
この「奇跡への階段」シリーズは、その方法を解説したいと思って書いています(^^)/

アテネオリンピックで金メダルを取ったYAWARAちゃんの話も、これだと思います。彼女がどのように意識していたかは解りませんが、スポーツ界におけるイメージトレーニングとして、金メダルを獲得したイメージングは間違いなく行っていたと思います。

============================================================
精神世界ランキングにエントリーしています(^^)
気に入っていただけたら、ここをクリックして投票をお願いします(^^)/
(精神関連の人気ブログ一覧が別ウィンドウで開きます。)


続きを読む

奇跡への階段 その4

奇跡への階段 その3からの続きです。

前回、
>自分が心だけになってしまいます。自分に体という物質があるのをまったく感じない状態です。
と書きましたが、一般的にトランス状態とか、センターリングとか、フォーカシングとか言われている状態です。
#一般的ではないか(^^;

肉体という物質と結合している私たち、三次元の世界で修行させてもらっている私たちが、その箍(たが)を外して、本来持ち合わせている能力を活用するときに、このセンタリングが必要になりますので、毎日、朝晩やっておくと、将来かならず役に立つと思います。電車やバスの中、または、待合室で名前を呼ばれるまでの間など、リラックスできるときにも練習しておくと良いと思います。

前回は、自分の願いが叶った状況をイメージして潜在意識に染み込ませ、未来をコントロールする方法でした。
センタリングせずに望みをイメージすると、顕在意識が論理的に考えて「そんなの無理」という反応を示します。望みのイメージを潜在意識に渡すのを阻害するだけでなく、「そんなの無理」というメッセージの方を潜在意識に渡してしまいかねません。ですから、センタリング状態を安定して作り出せることが、奇跡を起こすために必要なのです。

イメージングを何度も繰り返して行なっていると、あるとき、“もう大丈夫”と感じることがあります。もう、未来が望みどおりに決ったというときです。 未来の鋳型が自分の思い通りに出来上がった瞬間です。あなたの未来はその鋳型どおりにはまっていきますから、安心して、感謝しまくりましょう\(^O^)/

============================================================
精神世界ランキングにエントリーしています(^^)
気に入っていただけたら、ここをクリックして投票をお願いします(^^)/
(精神関連の人気ブログ一覧が別ウィンドウで開きます。)


続きを読む

ななさんへ

1つ前の記事に、ななさんが書いてくれたコメントに対する回答が文字数制限でコメントに書けないため記事にしました。

ななさん wrote:
>最近、というか、ずっと前から考えていたのですが、教会って私、
>なかにはいったことないんですよね・・・。(本物の)なおきさんが前書いていたい教会にも、
>いったことがあって、中にはいれなかったんです・・なんでしょうか。
>最近、きになるんですよ。神聖な気持ちになれるかな・・みたいな。

ほとんどの教会は、自由に入れると思います。
私もあまり教会に入ったことはありませんが、昨年の記事のイグナチオ教会のサイトを見ると、何らかの式典をやっていても、自由に入って良いと書いてあったと思います(^^)

でも、一般的にキリスト教徒とはいえない私の場合、神社に行くことの方が多いですし、気楽です。
(一般的にキリスト教徒ではないと書いたのは洗礼を受けていないし、聖書を読まないからですが、イエス・キリストは心から愛していますし、グノーシス派や聖杯のグループには非常に共感するものもあり、光の使者には翻訳スタッフとして参加していますので、本質的な意味ではキリスト教なのかもしれません。)

私も、もっと教会に通ったら良いのかもしれませんが、なかなか入りにくいのは否めません(^^;

神聖な気持になるには、神社もよいと思います。
特に、祭儀が頻繁に行なわれる神社ほど、パワーを感じます(^^;
『一之宮貫前神社』(いちのみや ぬきさきじんじゃ)に行ったことが一度ありますが、手を合わせてコミュニケーションを始めたら、百会(頭頂部)から一気にパワーが流れ込んできてビックリしたことがありました(^^)

============================================================
精神世界ランキングにエントリーしています(^^)
気に入っていただけたら、ここをクリックして投票をお願いします(^^)/
(精神関連の人気ブログ一覧が別ウィンドウで開きます。)


続きを読む

奇跡への階段 その3

奇跡への階段 その2からの続きです。

全身の力を抜きます。
“足先がリラックスする”と思いながら、足首より向こう側が何も感じなくなるようにします。
“膝から下がリラックスする”と思いながら、膝から向こう側が何も感じなくなるようにします。 自分の意識は膝までしか及ばない状態です。
同様の方法で、足全体、手、ひじ、肩、お腹、胸、と順々に自分の体を感じなくしていって、自分が心だけになってしまいます。自分に体という物質があるのをまったく感じない状態です。

そこで、自分の願いが叶った状況をイメージします。可能な限りリアルに、色、音、におい、そこにいる人々の笑顔、すべてが今、本当に体験しているように。それが潜在意識に染み込むと、未来に影響していくのです。
願いが叶ったときと同じように心を喜びで満たしましょう。
自然に笑顔になると思いますが、ならなかったら、無理やり笑顔を作りましょう。口角を上げて笑顔になるのです。
感謝しましょう。願いが叶ったことに感謝しましょう。

「願いが叶いますように」と祈ると、今現在、それが叶っていないという思いが心の底にあります。それが潜在意識に伝わってしまいます。
願いが叶っている感情、感覚、雰囲気を先取りして、それを潜在意識にしみこませましょう。

“未来において、すでに叶っている”ということを“知る”ことが、未来をよくするために大切なことなのです。

============================================================
精神世界ランキングにエントリーしています(^^)
気に入っていただけたら、ここをクリックして投票をお願いします(^^)/
(精神関連の人気ブログ一覧が別ウィンドウで開きます。)


続きを読む

奇跡への階段 その2のおまけ

“奇跡への階段 その2”のおまけです。

前回、丹田呼吸について書きましたが、ついでに気功の世界に寄り道してみましょう(^^)

気という生命エネルギーの一種を身体の中で意識的に回して、身体全体の気の流れを良くするテクニックです。
疲れが取れたり、睡眠不足を解消できたり、自然治癒力が高まったりする効果があります。

百会(頭頂部)から身体の前面中心を沿って会陰(肛門と泌尿生殖部の間)までのラインを任脈と言います。
逆に背面中心を沿うラインを督脈と言います。
息を吸うときは舌先を上の歯ぐきに当てておいて鼻から吸います。
吐くときは舌先を上の歯ぐきから離して口から吐きます。

まずは、女性の場合です。
百会に意識を持っていきます。頭頂部にまばゆい光の玉が輝いていると想像しましょう。息を吐きながら、督脈に沿って光の玉が下がって行き、吐ききったときに光が会陰に来ます。
息を吸いながら任脈に沿って光の玉が上って行き、吸いきったときに光が百会に来ます。
この繰り返しです。

男性の場合は、逆周りです。
百会に意識を持っていきます。頭頂部にまばゆい光の玉が輝いていると想像しましょう。息を吐きながら、任脈に沿って光の玉が下がって行き、吐ききったときに光が会陰に来ます。
息を吸いながら督脈に沿って光の玉が上って行き、吸いきったときに光が百会に来ます。
この繰り返しです。

うまく行けば、身体全体がポカポカしてお風呂に入っているような気持ち良さを感じられます。また、朝、目が覚めたときに睡眠不足を感じたならば、10分程度の小周天によって、熟睡したあとと同じくらい爽快に起きられるようになります。

伝統的な小周天は、後者、つまり男性の場合として書いた方向だけでしたが、福岡の外科医、矢山利彦先生が女性の場合は逆向きだということを実験で証明しました。また、本来の向きと逆の方もいるそうなので、うまく行かないと感じたら逆向きをやってみるのも良いと思います。さらに、1つの方向で続けて上達してくると、あるときに逆向きの方が良くなることもあるそうです。

人間の身体を宇宙として、その中でエネルギーを回すので小周天と言います。ミクロコスモスでしょうか。これに対して、マクロコスモス、宇宙全体の気を頭頂部から取り込んで、足から宇宙に向かって放出し、エネルギーを宇宙全体の中で回す技術を大周天と言います。

小周天しかできない場合、他人を外気治療すると自分の気が減るため、くたびれます。若い気功師の方が良い気が出る、などという考えは小周天のレベルの話です。大周天に達しているならば、宇宙の気を取り込んでから、相手に向かって気を出すため、まったく疲れません。

だいぶ、話が脱線しましたので、今日はこの辺で(^^;

============================================================
精神世界ランキングにエントリーしています(^^)
気に入っていただけたら、ここをクリックして投票をお願いします(^^)/
(精神関連の人気ブログ一覧へのリンクにもなっています。)


続きを読む

奇跡への階段 その2

“奇跡への階段 その1”からの続きです。

眠る直前、目覚めた直後のことです。

仰向けになって、両手両足を少し開く感じにします。
体を軽くゆらしてみて、背骨から首がまっすぐになるようにします。
自分がまっすぐだと思えればよいです。
これは、気(プラーナ、活力エネルギー)が体内をスムースに巡回しやするするためです。

そして、呼吸を意識します。
数秒間で吸って、その倍くらいの時間で吐きます。例えば6秒で吸ったら、12秒くらいかけて吐きます。慣れると、少し長くなって、1分間に2回くらいの呼吸になるかもしれません。
自分が最もリラックスできるペースがよいでしょう。

吸った息は丹田あたりに溜めます。丹田とは、おへその下10cmくらいにあるツボですが、下腹部に向かって吸い込むということです。
息を吐くときは、すべて吐き切ります。もう何も出せないというくらい、全部吐きます。それによって、肺の中の空気をすべて新しいものに入れ替えられるということです。

呼吸は、消化、体温調節、ホルモン分泌などと同様、普段は自律神経により、つまり潜在意識により制御されています。しかし、呼吸だけは、自分の意識、つまり顕在意識でも制御できます。呼吸を顕在意識によりコントロールすることにより、潜在意識の入り口を開きます。

吸った息が本当に下腹部に入るわけではありません。胸式呼吸では、あばら骨が動いて胸が膨らんだり肩が上がったりして肺の容量が増えますが。一方、丹田呼吸などの腹式呼吸では、下腹部が広がり内臓が下がって横隔膜が下がることで肺の容量を増やします。この横隔膜の上下運動が潜在意識への入り口を開くのではないかと思います。

============================================================
精神世界ランキングにエントリーしています(^^)
気に入っていただけたら、ここをクリックして投票をお願いします(^^)/
(精神関連の人気ブログ一覧が別ウィンドウで開きます。)


奇跡への階段 その1

私たちの意識はいつも自分の外側を認識しています。
自分の内側を見ることの大切さに気づくチャンスはあまりありません。
そんなことをしなくても、とりあえず、毎日を過ごしていけるからです(^^)

奇跡を起こすには、自分の心を使います。
そのために、自分の心の内側をきちんと見る、きちんと認識することが必要だと思います。

静かに瞑想すると、自分の心の内側が見やすくなります。
「そんな時間も場所もない」という声が聞こえてきそうです(^^)

でも、忙しい人でも、静かに独りになるときがあります。
それは、眠る直前と目が覚めて直後です(^^)

ふとんやベッドに入ったら、瞑想する時間を意識的に作りましょう。
目が覚めたら、起き上がる前に瞑想してみませんか?

============================================================
精神世界ランキングにエントリーしています(^^)
気に入っていただけたら、ここをクリックして投票をお願いします(^^)/
(精神関連の人気ブログ一覧へのリンクにもなっています。)


続きを読む

ななさんへ

今日、会社からの帰り、車を運転しながら、天使や神様とどのようにコミュニケーションしているかを blog に書く必要があると思って、文章をあれこれ考えていました。
そして、自宅で doblog を確認すると、ななさんからのコメントがありました。1つ前の記事です。
“なるほど、ななさんとのシンクロニシティだったのか”と思いました。私が上記の必要性を感じたのは、ちょうど、ななさんがコメントをくれた時刻だったからです(^^)

まず、ひとつ確かなこと。ななさんは天使と話せます。なぜなら、それを望んでいるから、さらに行動を起こしているからです。あとは時間の問題です(^^)

私がどのように感じているかを説明してみます(車の中で考えていた文章)。

通常、声を聞くというのは、近くにいる人も聞こえる、空気の振動としての音を聞くことですよね。でも、神様や天使の声を聞く場合、もっと、自分の内側で受け取ります。
深呼吸をして心を落ち着けて、意識を頭の上の方に集中させます。すると、そこに意味が浮かんでくるのです。自分が考え出してしまう雑念と区別するのは難しいかもしれません。でも、頭の上に集中した意識を純粋に研ぎ澄ませていると、そこに意味が現れます。慣れると、天使とはいつでも気軽に話ができるようになります(^^)。神様(アセンデッドマスター)と話すには、より集中力が必要な気がします。

理系人間の悪い癖ですが、ちょっと詳しく書き直してみます。
通常、声を聞くというのは、相手の声帯が空気を振動させ、その振動が自分の鼓膜を振動させ、聴覚神経に電流を流し、脳の聴覚野が音声を認識し、言語野が言葉として認識し、自分が意味を感じ取る、というふうに、人間の外側から内側に伝わってくるわけです。

神様や天使の声を聞く、と私が言ったとき、鼓膜の振動はありません。おそらく、脳の中か、もしくは、脳と言う物質ではなく、私と言う心、つまり、私のずうっと内側で受け取る感じです。

私たち人間の個は物質ではなく、エネルギーのようなものだと思います。魂と言い換えてもよいでしょう。そのエネルギーの周波数が上がり、波形が純粋なとき、神様や天使の波長と同調できるのだと思います。AMラジオは低い周波数の受信装置ですので、FM放送を受信することはできません。私たちが魂の周波数を上げたとき、神様や天使のメッセージを受信できるのだと思います。

魂などというと、ほとんどの人は眉をひそめるでしょう(^^)。西洋医学では、精神活動は脳の化学反応の結果だと説明されるでしょうが、ひとを恋するせつなさを化学反応で説明してほしくないです。

では、どうやったら、彼らのメッセージを受信できるくらいに、魂の周波数を上げ、波形を整えられるのでしょうか。
私は、笑顔、愛、感謝、感動、奉仕、などの心だと思います。ちなみにデビッド・ホーキンス氏は、このように書いています。

でも、私の実感としては、以下のキーワードです。

<笑顔>
常に口角を意識的に上げているだけでも、心の周波数が上がります。そして、ものごとが不思議と良い方向に進んでいきます。
<愛>
人はもちろん、動物、草花、空、星、持ち物、何にでも愛情をそそぐと良いと思います。
<感謝>
誰にでも、何にでも感謝してみましょう(^^) 暇なとき、心の中で繰り返し“ありがとう”と心を込めて言ってみましょう(^^)
<感動>
些細なことにでも感動しましょう。「今日は晴れだ!嬉しい〜」、「ご飯が美味しい!」、「苦手なあの人と上手く話せた!」、「おつりの硬貨がピッカピカ!」
<奉仕>
自分の言動により誰かが幸せを感じることを、自分の幸せとしましょう(^^)

書き出してみると大変そう(^^;
全部じゃなくてもいいんです。自分にできそうなことがいくつかあるはず(^^)/

でも、もっと大事なのは、彼らの声を聞きたい、という願望かも知れません。
あと、フランクに付き合うのもいいようです。 恐怖心や卑下する心があるとうまくいきません。 友人のように、当たり前の会話だと思ったら上手くいくと思います。

あとは、瞑想を日課とするならば、とても効果があると思います。
布団に入ってから眠るまでの間や、目が覚めてから起き上がるまでの間は、瞑想に適した時間だと思います。
私の blog のページの右側にジャンルの選択肢がありますので、“奇跡への階段”をクリックしていただくと、“奇跡への階段 その1〜3”の3つの記事がありますので、参考になるかもしれません(^^)

まずは、天使の存在を確信するために簡単なことをお願いすることからはじめるのも手です。いつも混んでる駐車場に車で入るとき、店の入り口近くに空きがあるようにお願いしてみるとか。「大天使ミカエルさん、いつもありがとう! 一番便利なところをいつも空けてくれて本当にありがとう!」、「ほっかほか亭で、すぐに売り切れちゃう幕の内弁当。今日は私のために取っておいてくれて、ありがとう天使さん!」
他愛もないことをお願いしても、天使はとても喜んで叶えてくれます(^^) そして、それを繰り返すと、いつでも天使さんたちに手伝ってもらってプチ奇跡が起こせるようになります(^^)/

それから、今日のシンクロニシティ。 魂のレベルが上がってきている証拠ですヨ(^^)/
メッセージをうまく受け取れるまで、一生懸命サポートしますので、質問でも愚痴でも何でも気軽に書き込んでくださいネ\(^o^)/

ちなみに精神世界関連の人気ブログ一覧はこちら


続きを読む

朝の神社

今朝も神社に行ってみました。
例によって朝寝坊なので、あまり時間がありませんでしたが、思い切って会社と逆の方向に行っちゃいました。

“龍の力とは何ですか?”
“動きなさい”

“はぁ? 何ですか?”
“学びなさい”

“人々を救いたいのです。地球を救いたいのです”
“龍の力を使いなさい”

なるほど、教えてもらうのではなくて、自分で使って学び取れ、と(^^)
家電も道具も、取説を一切読まずに使っている自分としては、ごく自然なことです。

とにかく、使うということですね。
というか、もっと言えば、もう使い方は知っている。
忘れてしまっていたけれども、使おうとしたときに使えればそれでよいので、それが何であるかとか、どう使うかとかはこだわらなくて良いわけです。

会社に向かって走っていると、真っ青な空に浮かんだ小さな雲に向かって飛行機雲が進んでいくのが見えました。数分後、もう一度そこに目をやると、

“うわぁ〜! 昇り龍だぁ”

飛行機雲が小さな雲を貫いて、龍、そのものを見せてくれたのでした。

仕事をしながら、ある人を助けたいと思っていました。その人を治療したかったのです。
遠隔地にいる、その人に健康エネルギーを放射しようと思ったとき、私からその人に向かって龍が飛んでいきました。そして、龍が持つ玉から光を放射したのです。
症状によって放射する光の色を使い分けるのですが、今回、必要なのはイエローゴールドの光でした。これは、患部に活気を与えたり循環をよくする色です。

そして、しばらくすると、その人から会社に感謝の電話がありました。
電話を取った瞬間に、その人の踊るような明るい声に、“龍の力をうまく使えた!”と思いました。
龍の力の使い方の1つめは、遠隔地にいる人の治療や遠隔地に奇跡を起こすために、自分のエネルギーを届けてもらうというものだと学びました(^^)

ちなみに精神世界関連の人気ブログ一覧はこちら


続きを読む

今日もプチ奇跡

今日は朝8時から仕事。
と言っても、先日、変な動きをしてお客様を怒らせてしまったコールセンターシステムのトラブル再現テスト。

あらゆるパターンを想定して、同じ状況を再現して原因を調査するのが今日のミッション。でも、原因が判らなくても、次回発生したときに詳細な調査ができるようにトレースをかけて帰ればよいので、娘には「お昼頃に帰るからDSのカードケースを買いに行こう」と言ってでかけました。

参加者は、インテグレーターの某大企業SEさん、コールセンターソフト開発企業のSEさんと私の3人。電話交換機メーカーのSEさんも呼ぶように某大企業SEさんに要請していましたが、リモート回線経由でサポートを依頼したとのこと。

今日は休日のため本来なら電話受付できませんが、電話交換機のSEさんがカレンダーテーブルの判定を変えて電話を受け付けられるようにしてから、テストを始めました。
するとショッパナから予期せぬトラブル発生。
音声応答サーバーがダウンした状況を想定して、電話をかけると“ただいま混みあっておりますのでお掛け直しください”的なアナウンスが送出されるはずですが、無音! 何も聞こえません。

“これは、想定外! 予期していた現象よりヤバイ”

“今日中に原因を究明して修正しないといけない状況になった。ということは、何時に帰れるか判らない。だから、電話交換機のSEも呼べと言ったのにぃ。”

“もう、1時間も経ってる。何を調べてるんだ! 東京にいるんじゃ、進捗状況もつかみにくい”

などと、イラ立ってしまいましたが、

“いや、待てよ。 天使にお願いしなきゃ\(^O^)/ また、ミカエルさんに怒られちゃうぜ”
と思い直して。

大天使ミカエルさんに、状況の好転をお願いし、神様にゆだねました。

それから、“あぁ、良かった。 解決して良かったぁ(^^)”
と思いながら、コールセンターから出て行く状況をありありと感じ取りました。
つまり、未来を先取り、というか、未来に行って良い軌道を作ってきました。

少しすると、電話交換機のSEさんから大企業SEさんに電話があり、なんと、休日カレンダーの判定を設定替えしたときに、コマンドを間違えて、“込み合っています”アナウンスのフローではなくて、何も応答しないように設定してしまっていたとのこと(^^;

“それじゃぁ、無音になって当たり前だ(^^)”

ということで、とりあえずテストを進めました。

結果的に判ったのは、先日のトラブルはシステムの不具合ではなくて、オペレータのおばちゃんの操作ミスが原因だったということ\(^O^)/。

“あぁ、良かった。 解決して良かったぁ(^^)”


ちなみに精神世界関連の人気ブログ一覧はこちら


望みの現実化

uca さんの blog namito tomoniひとりの時間に。 からのトラックバックです。
自分が望む状況を常にイメージできていると、それが現実化するのですね(^^)
僕は会社の仕事の忙しさとストレスで、どうしてもネガティブなイメージに引っ張られがちです(TT)
uca さんと ライリァーさんの会話を読んでいて、自分がどうありたいのか理想のイメージを保ち続けられるように気をつけたいと、あらためて思いました(^^)/
水は、飲みますよ〜。1日3〜5リットルくらい。泌尿器科の先生が、「2リットル以上飲んだほうが腎臓にもいいんです。でも5リットルまでにしてください。」と言ってました。ためしに6リットル飲んだときは、さすがに身体がおかしくなりました(^^;


徒然なるままにキーボードを乱打した乱文

いろいろ忙しくて blog 更新できてません m(._.;m
でも、その間にもアクセスがたくさんあったようで、うれしいやら申し訳ないやらです(^^;

とにかく多忙を極めてますが、神様、マスターさんたち、天使さんたちのサポートを受けながら、毎日ノリに乗ってます!

23日(土)は娘のピアノの発表会。当日朝まで、つっかえずに一曲通せたことがなかったのです。補助ペダル(ペダルに足が届かない子供用のペダル付き足台)を会場のグランドピアノに合わせて調節するために、開場前に弾かせてもらいましたが、やはり間違ってしまうのでした。でも、本番は必ずうまくいくことを知っていました。前から大天使ガブリエルさんにお願いして、守っていただけることになっているからです(^^)彼女は芸術を司る大天使です。
そして、本番。大天使ガブリエルさんに守られながら、娘は、今まで聴いたことのないような、表現力豊かな演奏をしてくれました(TT)

仕事でも、大ピンチをいくつもくぐり抜け、いくつものプチ奇跡が散りばめられた毎日を過しています。“なおきさん、大丈夫ですか?”、“おい君、間に合うんかいね? よく笑ってられるなぁ(^^)”などと言われながら、神様が置いてくれたハードルを天使さんたちに助けられながら、越えてきました。
神様は越えられないハードルを置くことはしないことを知っています。“心のパワーで乗り越えろ!”と励まされながら、突っ走ってます。

30日(土)は県内のゴスペルクワイヤが一堂に会するサマーコンサートでした。実は私もあるクワイヤのスタッフメンバーですが、このところレッスンに参加していません。この日も用があって行けないはずでした。ところが直前になって、用事がキャンセルされたため、急遽、観に行ってきました。駐車場は満杯に見えましたが、ホールに一番近い辺りに1台分空いていました。大天使ミカエルさんは、いつも1ヶ所空けておいてくれます。
本当に素晴らしいコンサートでした(^^)特に我々のクワイヤは観客と心がひとつになり、ホール全体が一緒に神様を賛美するという状態でした。昨年もステージ上で、そのように感じたのですが、今年は観客席側から、それを確認することができたのでした。

帰り道、私の目の前には“333”というナンバーの車が、ずっといました。天使からの番号メッセージにおいて“3”はアセンデッド・マスターを意味します。イエス様、モーゼ様、マリア様、観音様、ヨーガナンダ様などのことです。昨日は、もちろんイエス様のことだと思いました。イエス様がすぐそばにいらっしゃることを天使が教えてくれたのです。

今日、31日(日)は朝から仕事でした。私が担当するシステムのひとつ、コールセンターシステムとホストコンピューターのオンライン電文が追加になるので接続テストを行いました。ただし、今日はコールセンターの周囲で月に一度の骨董市が開かれるため、駐車場が埋まってしまうことが心配でした。近くまで行くと、まだ朝7時だというのに、もう、業者さんたちは商売を始めていて、お客さんもちらほら。大天使ミカエルさんにお願いしながらコールセンターに着くと、駐車場は満杯でしたが、2ヶ所だけ空いていました。自分の分とメーカー技術員さんの分です(^^)
作業も無事済み、家に帰ってから、夕方、隣の町のスーパーに行きました。お巡りさんたちが交通規制をしているのが見え、“あっそうか。今日は花火大会か。”建設会社の敷地にゴザを敷き詰め、社員と家族が花火見物を楽しみにしている横を通り過ぎてスーパーに向かいました。すると、大粒の雨!どんどん雨脚が強くなっていきます。この町の人たちのために、空にお願いしました。“雨がすぐに止むことを私は知っています。神様ありがとうございます(^^)”と。スーパーの駐車場もかなりの混雑。ここに駐車して花火見物に行く人も少なくないようです。でも、大天使ミカエルさんは、駐車場のこともサポートしてくれます。建物にくっついた駐車エリアは、軒下になるので雨に濡れずに済みますが、そこを1つ空けておいてくれたのです(^^)“ミカエルさん、いつもありがとうございます”
バナナと牛乳を買ったら333円!“ I love Jesus. ”店から出ると雨はやんで空が少し明るくなっていました。

家で夕食を済ませたころ、花火の音が聞こえたので、子供たちが2階から見たいと言い出したものの、裏の家の方向のため、よく見えません。「じゃぁ、行こう!」ということで、子供たちと車で花火大会の開場へ。周辺は車で一杯でしたが、交通規制されているところのすぐ近くまで行ってみたら、駐車できるスペースが1つ。“大天使ミカエルさん、本当にいつもありがとう!” おかげさまで花火を堪能することができました。

============================================================
精神世界ランキングにエントリーしています(^^)

(精神関連の人気ブログ一覧が別ウィンドウで開きます。)

続きを読む

天使にお願いしてみよう(^^)

creamix さんの blog cream x cream ○お知らせ○ からのトラックバックです。

>身体のトラブルを治してくれる天使さんがいるんですね。
>どんな天使さんなんでしょう。勝手に想像してしまいます。
>さっそく頼んでみようかな。でも急に私が言っても大丈夫かしら。。
>心に念じる感じでいいのかな。お話するような感じかな。(^^)
>なおきさんのblogを参考にしてみます。

というコメントを書いていらしたのを読みましたが、適切な説明の記事がありませんので、急いで書きますね(^^)

>どんな天使さんなんでしょう。勝手に想像してしまいます。

身体のトラブルを直してくれる大天使ラファエルは、大きな羽根を背中にもつ、優しく頼りがいのある青年を想像すればよいのではないでしょうか(^^) でも基本的に“勝手に想像”が一番良いと思います。
エメラルドグリーンの光を放射して直してくれるという文献もありますが、私はまばゆい真っ白な光で身体を直してきましたので、白い光を意識してしまいます。

>さっそく頼んでみようかな。でも急に私が言っても大丈夫かしら。

天使たちは人間を助けたくて、いつでも頼まれるのを待っています。
でも、人間が助けを求めないと手を差し伸べられないのです。
是非、頼んでください。喜んで助けてくれるはずです(^^)

あと、誰にでも生涯ついていてくれるガーディアン・エンジェル(守護天使)が2人以上います。いろいろと助けてくれますので、何でも頼んだほうが良いと思います(^^)
うまくいったら、たくさん感謝してくださいね(^^)

>心に念じる感じでいいのかな。お話するような感じかな。(^^)

どちらも正解だと思います(^^)
私の場合、ちょっと上の方に向かって心の中で話します。
人間同士で話すときに口で話しますが、天使や神様との場合は頭頂部の少し上あたりに意識をもっていく感じです。
お願いするだけでなく、成就した場面を想像しながら感謝するほうが、よりよいです。


“ガーディアンエンジェルさん、いつも守ってくれてありがとう。
 ラファエルさん、私と娘を癒してください。
 私たちのところにきて、身体を治してください。
 あなたの健康の光で早く私たちが元気になれますように。”

笑顔の大天使ラファエルがやってきて、“もう大丈夫だよ”と言いながら自分たちに光を放射してくれるところをイメージしましょう。その光は健康の源だと信じましょう。どんどん健康になっていく自分たち、そして、完治して元気に好きなことをやっている場面をイメージしましょう。

“ラファエルさん、ありがとう”と何度も心の中で繰り返しながら、感謝の気持ちで心を満たしましょう(^^)

いつ、どこでお願いしても大丈夫です。とくに、天使は身近にいますので、話しやすいです。でも、奇跡への階段1〜3(直前の記事3つ)を参考にして、リラックスした状態でおこなうと、より天使や神様と話しやすくなります。 


続きを読む

奇跡への階段 その3

奇跡への階段 その2からの続きです。

全身の力を抜きます。
“足先がリラックスする”と思いながら、足首より向こう側が何も感じなくなるようにします。
“膝から下がリラックスする”と思いながら、膝から向こう側が何も感じなくなるようにします。 自分の意識は膝までしか及ばない状態です。
同様の方法で、足全体、手、ひじ、肩、お腹、胸、と順々に自分の体を感じなくしていって、自分が心だけになってしまいます。自分に体という物質があるのをまったく感じない状態です。

そこで、自分の願いが叶った状況をイメージします。可能な限りリアルに、色、音、におい、そこにいる人々の笑顔、すべてが今、本当に体験しているように。それが潜在意識に染み込むと、未来に影響していくのです。

希望が叶うように祈るとき、今現在、それが叶っていないという思いが心の底にあります。それが潜在意識に伝わってしまいます。

“未来において、すでに叶っている”ということを“知る”ことが、未来をよくするために大切なことなのです。


奇跡への階段 その2

“奇跡への階段 その1”からの続きです。

眠る直前、目覚めた直後のことです。

仰向けになって、両手両足を少し開く感じにします。
体を軽くゆらしてみて、背骨から首がまっすぐになるようにします。
自分がまっすぐだと思えればよいです。
これは、気(プラーナ、活力エネルギー)が体内をスムースに巡回しやするするためです。

そして、呼吸を意識します。
数秒間で吸って、その倍くらいの時間で吐きます。例えば6秒で吸ったら、12秒くらいかけて吐きます。慣れると、少し長くなって、1分間に2回くらいの呼吸になるかもしれません。
自分が最もリラックスできるペースがよいでしょう。

吸った息は丹田あたりに溜めます。丹田とは、おへその下10cmくらいにあるツボですが、下腹部に向かって吸い込むということです。
息を吐くときは、すべて吐き切ります。もう何も出せないというくらい、全部吐きます。それによって、肺の中の空気をすべて新しいものに入れ替えられるということです。

呼吸は、消化、体温調節、ホルモン分泌などと同様、普段は自律神経により、つまり潜在意識により制御されています。しかし、呼吸だけは、自分の意識、つまり顕在意識でも制御できます。呼吸を顕在意識によりコントロールすることにより、潜在意識の入り口を開きます。

吸った息が本当に下腹部に入るわけではありません。胸式呼吸では、あばら骨が動いて胸が膨らんだり肩が上がったりして肺の容量が増えますが。一方、丹田呼吸などの腹式呼吸では、下腹部が広がり内臓が下がって横隔膜が下がることで肺の容量を増やします。この横隔膜の上下運動が潜在意識への入り口を開くのではないかと思います。


奇跡への階段 その1

私たちの意識はいつも自分の外側を認識しています。
自分の内側を見ることの大切さに気づくチャンスはあまりありません。
そんなことをしなくても、とりあえず、毎日を過ごしていけるからです(^^)

奇跡を起こすには、自分の心を使います。
そのために、自分の心の内側をきちんと見る、きちんと認識することが必要だと思います。

静かに瞑想すると、自分の心の内側が見やすくなります。
「そんな時間も場所もない」という声が聞こえてきそうです(^^)

でも、忙しい人でも、静かに独りになるときがあります。
それは、眠る直前と目が覚めて直後です(^^)

ふとんやベッドに入ったら、瞑想する時間を意識的に作りましょう。
目が覚めたら、起き上がる前に瞑想してみませんか?


奇跡を起こそう \(^O^)/ momotan さんのコメントに寄せて

momotan さん、今まで息子さんの幸せのために祈ってきたことと思います。
ためしに、祈り方を変えてみませんか?
無理にとは申しませんが、いやでなければ、以下の方法で奇跡を呼んでみませんか?(^^)


あらゆる思想や、あらゆる宗教に奇跡は伝えられています。

例えば、キリスト教。
聖書が編纂された西暦300年頃、教会の意にそぐわない文書は対象となりませんでした。
それらば20世紀半ばになって発見されています。1945年12月、エジプトの南部のナグ・ハマディ付近で農夫が発見したパピルスに記されていた福音書などです。
そこには奇跡を起こすための具体的な記述があるようです。
要点は「奇跡がすでに起こっている」ことを知ることです。奇跡がすでに起こった感覚を先取りするのです。
うまく言えませんが、われわれ3次元に住むものにとって、未来はまだ来ていません。しかし、こころのレベルでは、どの時点の未来もすでにあるのです。“近い未来において息子さんが幸せな結婚生活を送っている”その喜びと安心と感謝の感覚をありありと実感し、それを現実として受け入れてください。

今現在のあなたのこころの態度が、あなたの未来を方向付けることを受け入れてください。

・あなたの希望することを箇条書きにしてみましょう。
・それをすべて満たす場面を考えて見ます。
 たとえば、息子さんとお嫁さんとお孫さんたちと一緒に息子さんの建てた素敵な家の大きなリビングで楽しい休日を過している。お嫁さんは息子さんにはもちろん、momotan さんにもやさしくて、旧来の親友のように会話が弾んでいる。
・奇跡への階段1〜3(この記事の直前の3つの記事)を参考に、リラックスした状況でその場面を想像する。笑顔で(^^)
・その幸せを与えてくれた神様に感謝する。
・毎日、寝る直前と起きた直後に想像して感謝する。

それから、日常生活のちょっとしたことでも、どんどん練習してみてください。プチ奇跡を積み重ねるのです。
たとえば、混んでいる駐車場に行くときなど、建物の入り口に近いあたりが、ちょうど空いて自分がそこに駐車でき、感謝している自分を想像してみてください。神様が天使に指示して駐車場をコントロールしてくれます。
ちょっとしたことでも、うまくいったら、思い切り喜んで、思い切り感謝しましょう(^^)
できれば、メモ帳を携帯して、プチ奇跡を書き溜めていってください。

神様や天使さんたちが助けてくれていることを実感し、確信できるようになれば、奇跡の大きさは関係ないことが解ります(^^)
大きな希望も小さな希望も同じやり方で叶えられるのです。


神様は人間が喜びの日々を過せるように必ず助けてくれます。
ただし、私たちがきちんとした方法で希望を伝えることが必要なのです。



続きを読む

奇跡への階段 その3

奇跡への階段 その2からの続きです。

全身の力を抜きます。
“足先がリラックスする”と思いながら、足首より向こう側が何も感じなくなるようにします。
“膝から下がリラックスする”と思いながら、膝から向こう側が何も感じなくなるようにします。 自分の意識は膝までしか及ばない状態です。
同様の方法で、足全体、手、ひじ、肩、お腹、胸、と順々に自分の体を感じなくしていって、自分が心だけになってしまいます。自分に体という物質があるのをまったく感じない状態です。

そこで、自分の願いが叶った状況をイメージします。可能な限りリアルに、色、音、におい、そこにいる人々の笑顔、すべてが今、本当に体験しているように。それが潜在意識に染み込むと、未来に影響していくのです。

希望が叶うように祈るとき、今現在、それが叶っていないという思いが心の底にあります。それが潜在意識に伝わってしまいます。

“未来において、すでに叶っている”ということを“知る”ことが、未来をよくするために大切なことなのです。


続きを読む

奇跡への階段 その2

“奇跡への階段 その1”からの続きです。

眠る直前、目覚めた直後のことです。

仰向けになって、両手両足を少し開く感じにします。
体を軽くゆらしてみて、背骨から首がまっすぐになるようにします。
自分がまっすぐだと思えればよいです。
これは、気(プラーナ、活力エネルギー)が体内をスムースに巡回しやするするためです。

そして、呼吸を意識します。
数秒間で吸って、その倍くらいの時間で吐きます。例えば6秒で吸ったら、12秒くらいかけて吐きます。慣れると、少し長くなって、1分間に2回くらいの呼吸になるかもしれません。
自分が最もリラックスできるペースがよいでしょう。

吸った息は丹田あたりに溜めます。丹田とは、おへその下10cmくらいにあるツボですが、下腹部に向かって吸い込むということです。
息を吐くときは、すべて吐き切ります。もう何も出せないというくらい、全部吐きます。それによって、肺の中の空気をすべて新しいものに入れ替えられるということです。

呼吸は、消化、体温調節、ホルモン分泌などと同様、普段は自律神経により、つまり潜在意識により制御されています。しかし、呼吸だけは、自分の意識、つまり顕在意識でも制御できます。呼吸を顕在意識によりコントロールすることにより、潜在意識の入り口を開きます。

吸った息が本当に下腹部に入るわけではありません。胸式呼吸では、あばら骨が動いて胸が膨らんだり肩が上がったりして肺の容量が増えますが。一方、丹田呼吸などの腹式呼吸では、下腹部が広がり内臓が下がって横隔膜が下がることで肺の容量を増やします。この横隔膜の上下運動が潜在意識への入り口を開くのではないかと思います。

続きはまたこんどね(^^)/


奇跡への階段 その1

私たちの意識はいつも自分の外側を認識しています。
自分の内側を見ることの大切さに気づくチャンスはあまりありません。
そんなことをしなくても、とりあえず、毎日を過ごしていけるからです(^^)

奇跡を起こすには、自分の心を使います。
そのために、自分の心の内側をきちんと見る、きちんと認識することが必要だと思います。

静かに瞑想すると、自分の心の内側が見やすくなります。
「そんな時間も場所もない」という声が聞こえてきそうです(^^)

でも、忙しい人でも、静かに独りになるときがあります。
それは、眠る直前と目が覚めて直後です(^^)

ふとんやベッドに入ったら、瞑想する時間を意識的に作りましょう。
目が覚めたら、起き上がる前に瞑想してみませんか?

続きは、またこんどね(^^)/


続きを読む

UPSトラブルとプチ奇跡

本日のプチ奇跡のうちの1つは、こんな感じでした。

私の担当しているシステムの1つは10km離れた、テレホンセンターにあります。
そこのセンター長さんから電話が入り「○○ちゃん、またピンチだよ。ピンチ(^^;」
センター長さんは私のことを苗字にちゃん付けで呼んでくれてます。

「UPSのアラームが久々に鳴って、バッテリーが駄目だってさ。」
UPSとは無停電電源装置で、中にバッテリーを保有し、停電のときにバッテリーから電源供給するためのものです。バッテリーは数年に一度、交換が必要です。
そこのセンターには、大、中、小のUPSが10台ほどあります。

「でもさ、交換用バッテリー、あるんさね。ほら、まえ、○○ちゃんに言われて、買っといたがね。」

忙しいさなかに、交換作業に行かなくちゃだ、と思ったら、

「○○ちゃん、忙しいんだろ? 俺がやろっか?」

なんと、センター長が自ら作業してくれるとのこと! 本当に神様のように心の広いお方!
先週、地震対策のベルトを設置に行ったときにも、「俺にもできそうだね」と声を掛けてくれて、半分やってもらっちゃったばかりです。サーバーが8台あり、通信機器なども耐震処理すると、かなりの作業量になるのですが、半分の時間で終わったのはセンター長のおかげ。

私が手順書をFAXして、センター長がバッテリー交換をやってくれることになりました。

私は予定通り会議に出られましたが、しばらくすると、そこにセンター長からの電話が転送されてきたのです。

「○○ちゃん、バッテリー交換したけど、アラームランプ消えねえんよ?」

接続間違いってことはないとしても、接触不良かもしれないので、もう一度、作業をやり直してもらいました。

また、会議室に電話が転送されてきました。

「○○ちゃん、やっぱ、アラーム消えねえよ。」
「判りました、ちょっと考えてまた電話します。」

実はオシッコに行きたかったのです。会議中で行けなかったのでナイスタイミングの電話(それどころじゃないのですが)。

オシッコしながら、ふぅ〜っと、息を吐くと

“何で、助けを呼ばないの?”と、ミカエルさん。
“あぁ〜、しまったぁ〜、最初からお願いしとけばよかったんだぁ〜、ごめんなさい”と、私。

反省しながら、電話するために自分の席に行くと、となりのP君が、

「なおきさん、室長から電話で、直ったみたいっすよ! あれから5、6回やり直しても、うまくいかなかったらしいのですが、最後に蹴飛ばしたら、アラームが消えたんだそうです(^^)」

はぁ〜?!

電話してよく確認すると、やはり、直っているようでした(^^)
私の上司は、「本当に○○の仕事は楽しいことばかりで良いよなぁ(^^)」と爆笑してました。

間違いなく大天使ミカエルさんがセンター長に蹴飛ばすよう仕向けてくれたのでしょう(^^)

いつもありがとう、ミカエルさん\(^O^)/

============================================================
精神世界ランキングにエントリーしています(^^)

(精神関連の人気ブログ一覧が別ウィンドウで開きます。)

ありがとうエンジェル

朝起きてすぐ、天使から“体を休めなさい”とのメッセージを受け取りました。

とくに、どこも悪くない感じでしたが、会社に行って仕事を始めると、体に力が入らない感じ。
“今日は早く帰ろう”と心に決めて、部下のみんなにも、その旨伝えて、終礼と同時に帰れるように日中の仕事の段取りを進めていました。

それは、昼過ぎに来ました。
お腹がグルグルいっちゃって、実の出るべきところから水が出る状態(失礼 m(._.)m)

朝から準備していたおかげで、終礼と同時に帰らせていただけました。
もう寝ます。

いつもありがとうね、エンジェルさん(^^)/


サーバートラブルと奇跡 2

先日もまた、朝から応用問題(^^)

職場につくと、部下の一人が私を見つけて“なおきさんが、やっと来た”みたいな顔で見ています。
“まただ。さて、今度は、何から起こるのかな”と席に近づくと、「テレホンバンキングセンターのHさんから電話で、投資信託データの更新が異常終了とか言ってますけど。」

“なんだ、いつものか”と思って、ログを見せてもらうと、も ら う と、

“ギョッ(@@; マジっすか? いきなり、そうくる?”

いつものと違う、かなりヤバイ状況!
ヘタすると2〜3時間コースかも(復旧までに)。

その時点で、8時28分でしたが、9時のサービス開始までに復旧させないとマズいし、
投信取引のお客様が電話してきたらアウト! お客様に影響するトラブルは役員報告。

もちろん、私の大好きなミカエル大天使様にお願いしてから、開発メーカーのSE(システムエンジニア)さんに連絡するが、みなさんの携帯が留守電。

ここで、自分の内側を診ると、やはり動揺していました。
これでは、解決するものもトラブるばかりだ、と自分を戒め、丹田呼吸で心を落ち着け、口角を上げて気分を明るくします。9時になったときに“やったぁ〜! 間に合った〜! 天使様ありがとう〜\(^O^)/”と感激する状況を思い浮かべ、喜びと感謝の感覚を先取りしました。

今度はメーカーのコールセンターに電話してみると、2人のSEさんと連絡がついたとのこと、SEさんたちは移動中で当社のシステムにリモートログインできないが、彼らからやり方を習ってコールセンターのCS(カスタマーサポート)さんが対応するとのこと。
ミカエル大天使様が、いろいろと取り成してくれて、どうにか間に合わせてくれそう。

そんなこんなで、メーカーのCSさんがDBを復旧させ、テレホンバンキングセンターのHさんが投信データ取り込み処理を再処理し終わったのが9時3分(^^;

それまでに投信取引のお客様は着信しなかったため、セーフ\(^O^)/

“やったぁ〜! 間に合った〜! 天使様ありがとう〜\(^O^)/”


サーバートラブルと奇跡

神様や天使様にプチ奇跡を見せてもらい、感謝しても感謝しても間に合わないくらい、次から次へとプチ奇跡が起こる毎日です(^^)

例えば、先日の息子の誕生日(^^)

最近はエンジェル・オラクル・カードを箱ごと抱いて寝ている私ですが、朝、目覚めてカードを選ぶと、[Spiritual Growth] 今、スピリチュアルな能力が急激に成長しているとのこと。

出勤時は、息子の誕生日のために早く帰ってくるようにと妻が見送ってくれました。もちろん早く帰宅したいので、定時の17:45に笑顔で職場から出てていく自分をありありと想像しながら出勤しました。また、行きの車の中で、天使さんたちに“よろしくお願いします(^^)”と頼むのも忘れませんでした。“すべてがうまく行ってありがとございました(^^)”と未来の心の状態を先取りしておきます。

職場につくと、部下の一人が私を見つけて“なおきさんが、やっと来た”みたいな顔で見ています。
“さて、まずは、何から起こるのかな”と席に近づくと、「市場営業部のYさんから電話で、リスク管理システムのサーバーが立ち上がらないとか言ってますけど」

“ギョッ(@@; マジっすか? いきなり、そうくる?”

Yさんに電話すると、電源ボタンを教えても無反応で、7時半から使おうとしてたので、もう1時間ちかくのロスタイムとのこと。

このシステムはシステムセンターのサーバーを中心に3ヶ所のユーザ部に部門サーバーがあり、それぞれが処理したデータをやり取りしながら一日の業務を進めるので、1ヶ所がつまづくと全体的にヤバイのです。しかも、システム部で、このシステムを担当しているのは私のみ(TT)さらにマズイのは、4月に後継の新システムに世代交代して、このシステムは使わなくなるはずだったので保守契約が解約済みなのも痛い! IBMさんは保守契約がないとスポット保守になり、修理は原則的に翌日以降になるのです。

一瞬、定時退社はアウトか?と思いそうになりましたが、すぐに心の中を整理しなおします。
笑顔になって、ネガティブなムードを一掃し、ヤバイ状況の中に自分がいるという見方をやめ、乗り越えるためのヤバイ状況を与えてもらった自分が、いままさにそれを乗り越えようとしている、と思い直します。“これは、神様がくれた応用問題(^^) これは試金石。 必ず乗り越えられることを私は知っている。” 大天使さまが“心で乗り越えるんだ!”と応援するメッセージも感じます。 そういえば、大天使のミカエルさんが“いつでも呼んでくれれば会えるよ”って、この前言ってくれてたし、ドリーン・バーチュー女史の本には電気機器や機械関係は、ミカエルさんが直してくれるって書いてあったし。また、朝には[Spiritual Growth] ってカードが出てたので、これをうまく解決することによりさらに成長し、地球を癒し、世界に平和をもたらす力が身に付くのだ!とやる気満々になりました。


今、部内にIBMのCE(技術者)さんが来ているかどうか探したら、ちょうど、私と仲に良いCEさんがラウンジでコーヒーブレイク中(^^)状況を話したら、保守契約解約済みと知って、困っていましたが、天使さんたちにお願いしていたら、“なおきさんの頼みなら”と笑顔で腰を上げてくれました。

1km離れた本部ビルのサーバー室に行くと、CEさんも、ちょうど着いたところ。
電源ケーブルの接触不良ではないかと思い、サーバー本体の後ろの電源ケーブルを抜き差ししてから、電源を入れようとしたら、“あれ? 電源入ったじゃん?” と、よく見ると、“証券業務サーバー”ってテプラが貼ってあるじゃん!!!!!!! 僕の担当は“リスク管理システム”!
何と、本番運用中の証券業務のサーバーの電源を抜いたんか? < 俺 (@@;

“ミカエルさま、お願いします! どうしよう”と思った瞬間に心が落ち着いて、“すぐに素直に報告しなさい”と言われたので、そこにいたYさんに「すみません、これリブートしちゃったんすけど!」
と言うと「ああ、それ? 大丈夫だと思いますよ」。 “へっ? 大丈夫って?” 意外な反応に驚きましたが、ミカエルさんに感謝をしてから、自分の仕事に戻りました。

CEさんが調査したところ、3つの部品が怪しいとのこと。1つだけは隣の市の部品センターにあり、たまたまCEさんの仲間が別の用事でそこにいるそうで、持ってきてくれるとのこと(^^)
あと2つの部品は東京にしかないので、到着は午後になるかも。ミカエルさんに、“なにをそんなに動揺してるんだい(^^)”と言われ、“そういえば、動揺してる。こんなことで動揺してちゃだめだ。”と心の中を整理。心の波動が乱れていると未来をコントロールしずらくなることを、あらためて思い出す。

9時30分から上の階で会議があったため、YさんとCEさんにお詫びをしてそこを離れました。大天使ミカエルさんに“1個目の部品で直りますよね?”と聞くと“とにかく早く会議に行きなさい(^^)/”と笑っている感じ。

会議中もサーバーのことを思い出すと“いいから、会議に集中しな(^^)”と励まされ続けました。

そして、10時30分に下に行くと、サーバー室には誰もいなくて、なんと、サーバーはきちんと動いているではアーリマセンか(^^)

Yさんの席に行くと、私が離れてすぐに部品が来て10時すぎには復旧したとのこと。3時間くらいのロスタイムだが、夕方までには本来の運用ペースに戻れると聞いて感激しました(^^)

天使さんたちに感謝しながら車を運転して職場に戻ると、今日中に完了しなければならない案件がたくさん集まってきていました。
“どれを部下に頼もうかな”と考えてると、

ミカエルさん:“ええ? 人に頼んじゃうの? 自分で全部やっちゃえば?”
私:“全部っすか(@@;”
ミカエルさん:“できるはずだよ”

この後のことも書きたいですが、すでに随分と長い文章になってしまいましたので、途中は省略します。もちろん、神様から応用問題をもらって、天使さんたちに助けられながら乗り越えて、感謝することの繰り返し。

定時になって、みんなに一言掛けてから外に出ると、天使さんたちが“よくやったね”って(^^)
木々の葉が輝いているのが嬉しい。めったに使わない高速道路経由で家に着いたのが18:40頃(^^)

ご馳走をいただいたあとに、しんかんせん君の形をしたケーキに指を突っ込んでクリームを食べている息子を見ながら、神様と天使に感謝しました。
“すべてがうまく行ってありがとございました(^^)”

今夜の満月は!

今夜(4月24日)の満月に関するオーストラリアのチャネラーからの情報を友人が伝えてくれました。
以下、彼女のメールを引用させていただきます。

=========== 以下、引用 =========================

コユキです。
今日は4月24日。

「グレート・エクスぺリメント」が行われたのは7年前の昨日、4月23日でした。
そして今日24日も記念すべき特別の日だそうです!

”今日の満月は2005年の中で、一番スピリチュアルなお月様になるとの
ことです。
仏陀のエネルギー、キリストのエネルギー、聖なる大天使たち、霊的なマスターたち、、ものすごい数の高次元の存在たちのパワーが注がれます。

そして今晩のお月様は、さそり座の影響とともにパワフルな浄化のパワーを発揮します。さそり座は、黒い隠されたものを象徴しているので、私たちの中に隠れてしまった過去の経験+感情、ネガティブ思考などなど、純粋になるために不要となったものをクリアーにします。
もっと純粋になり、私たちの無条件の愛を広げる機会にもなるので、自分自身に浄化する許可を与えて 満月を浴びてください。

木星(喉のチャクラと対応)と土星(頭頂のチャクラに対応)の影響も届いていて、喉の調子が変だったり ホルモン、メタボリズムの低下、頭痛がするなど、浄化のプロセスを感じる人が多いかもしれません。

また、マリア様のフェミニンのパワーがとても強く流れてきています。

きれいなお水を満月にしばらくの間捧げて、その満月の光を水に照らしてください。
そのお水の中に仏陀から尊い知恵、ジーザスからの深い無条件の愛などが注がれるので、しばらく照らした後、それを口に含んで飲んでください。体の中に知恵と無条件の愛の波動がしみこんでいき、細胞、DNAレベルでの変化を起こすでしょう。”

そして、今晩は第2回目(なんとスピリチュアルな数字!)の「平和の祈り」、、
すごい満月の夜になりそうですね!
楽しみましょう♪

=========== 以上、引用 =========================

みなさん、是非、今夜の満月を見上げて月光浴をしましょう(^^)/
心と身体をリラックスさせて、意識を頭の20〜30cmくらい上に集中させ、心のなかを空っぽにしてみましょう。そこに何か浮かんだら、それは神聖な存在からのメッセージです。イメージ、文字、声、アイデア、雰囲気など、何かを感じ取ってください。突然、自分の意識とは違う“意味”が、こころの中を満たしたら、それはあなたへの崇高なメッセージです(^^)/

最後の部分の「平和の祈り」とは、日本時間の毎週日曜日23時から10〜15分間、同時に世界の平和を祈るというイベントを先週から始めたものです。
もともとはアメリカのジェームズ・トワイマン氏が始め、ドリーン・ヴァーチュー博士たちも参加して、戦争や天変地異を抑えるために、たまにメールが来て世界中で同時に祈るというものです。クリントン大統領が戦闘開始をギリギリで思いとどまったりと、いくつもの実績があるようです。
最近、ジェームズ・トワイマン氏からのメールを翻訳するチームに加入したのですが、そのメーリングリストで、上記のコユキさんが発案なさって、我々、翻訳チームで定期的に同時に祈ることになったのです(^^)
私は、いつものテーマに加えて、今夜の祈りでは特に、新潟、福岡などにこれ以上地震が起きないこと、東北、南関東、東海など地震の懸念される地域も、ずっと安定していることを祈りたいと思います。

この blog をここまで読んでくださったあなた(^^)/ せっかくのご縁です。 よろしかったら、今晩23時に一緒に祈ってみませんか? 自分のやり方で結構です。 世界の平和に限らず、ご自分のテーマでも結構です。

今まで自分の祈りが叶った経験があまりなくて祈り方に自信がない方は、以下のようにやってみてください。

・静かなところでリラックスします。
・なるべくゆっくり(特に吐く時間を長く)呼吸をします。
 吸うときはおへその下に貯める感じで、吐くときは全ての息を吐ききる感じ。
・笑顔を作って、楽しい雰囲気で心を満たす。
・自分の願いが叶った状況を想像する。
 なるべくリアルに想像する。その場面をカラフルに想像し、静止画よりも動画で想像し、音も、匂いも、含めて全てをリアルに感じる。
・自分の願いが叶って喜んでいる気持ちで、心の中を満たす。
 「良かった〜!」、「嬉しい〜!」と喜びで心を満たす。
・自然と感謝の気持ちが湧いてくるまで想像する。
 神様でも、仏様でも、ご先祖様でも、天使様でも、宇宙の意思でもよいので、自分の信じている偉大なる誰かに感謝する。

こんな感じでどうでしょう(^^)
まずは御自分の問題を解決することから始めたら良いと思います。毎日、繰り返していると段々周囲の状況が変わってくるのに気付くと思います(^^)/

祈りで奇跡を起こす方法をきちんと学びたいという方は、ジェームズ・トワイマン著 「平和のためのスプーン曲げコース」 を読んでみてください。小さくて薄い本ですが、奇跡を起こす方法がとても解りやすく解説されています。今後、役立つはずです。

続きを読む

毎日を笑顔と感謝で埋め尽くそう

「ありがとうございます(^^)」

何にでも笑顔で感謝しまくりましょう(^^)
朝、目が覚めたら
「最高の一日が始まるぞ! 神様ありがとうございます\(^o^)/」
神様でもご先祖様でも大天使様でも、自分にしっくりくる、誰に対してでも良いです。
相手がいなくても良いです。感謝の言葉で一日を始めましょう。

「朝ごはんが美味しい!ありがとうございます\(^o^)/」
「水が美味しい!ありがとうございます\(^o^)/」
「天気が良さそうだ!ありがとうございます\(^o^)/」
「電車に座れた!ありがとうございます\(^o^)/」
「信号が青のまま通過できた!ありがとうございます\(^o^)/」

会社に着いたら
「今日も仕事がどんどん進むぞ!あー良かった(^^)ありがとうございます」
仕事中も
「ありがとうございます。ありがとうございます。ツイてる。ツイてる。うまくいく。うまくいく。」

電話が架かってきたら受話器をとる前に
「いい話が来た!あー良かった(^^)ありがとうございます」
と心の中で言ってから出れば、いい話の電話です。

ピンチになっても
「あー良かった(^^) うまく解決できる(^^) ツイてる。ツイてる。ありがとうございます。」



現在の自分の状況は偶然こうなっているのではないと思います。
いくつもの前世も含めて、今までの心の中の状態が反映されています。

こころの状態を高いレベルに保っていられれば、より高いレベルを維持できれば、良い状況になっていくようです。高いレベルのこころを保つと良いこと(プチ奇跡)を引き寄せます。

ものごとは何にでも物質の面と波動の面があると思われますが、こころを波動で考えると高いレベルというのは波形がきれいで周波数が高い状態だと推測できます。

#これを書いててチョットひらめいた。
#きれいな波形は笑顔、高い周波数は感謝ではないだろうか。

車を運転しているとして、隣の車線から自分の前にウィンカーも点けずに急に誰かが割り込んできたために、ブレーキを踏まされたら?

「ちきしょー!てめぇ!」なんて思って、パッシングしまくり、自車を左右に蛇行させ、テール・トゥ・ノーズでまくってはいけません。たちまち自分のこころのレベルが下がってしまいます。

「おっと、うまくかわせた(^^) 俺は神様に守られてる(^^)ありがとうございます。あー良かった!」って、笑顔で感謝すれば、こころのレベルはキープ、もしくは上昇。そして、良いことが待っていることでしょう(^^)

一日の終わりは
「今日も本当に良い一日だった。 神様ありがとうございます。」
「ありがとうございます。ありがとうございます。ありがとうございます。」
と心の中で繰り返しながら眠ったら、素敵な明日が待っていることでしょう(^^)


ピンチは心で乗り越えよう

ピンチは心の強さで乗り越えられます。
未来をコントロールすると言っても過言ではありません。

例えば、今朝、会社の近くまで行って大渋滞。あと2kmぐらいなのに車が全然動かない。こういう場合、不安になってはいけないのです。「あー、よかったぁ! 間に合ってよかったぁ(^^)」っと笑顔になって心の中を安心感で満たします。すると、突拍子もない遠回りをする気になって、結局、5分前に到着。10分遅刻で到着した後輩と話したら、私の10台くらい前にいたとのこと。「あ〜、ちくしょう!」とか「だめだぁ!」とか思ってしまうと、心のエネルギーレベルが下がって、悪い事態を引き寄せかねません。喜び、安心によって心のエネルギーレベルを上げておくと、状況を良い方向に変えていくことができるようです。

さて、会社に着くと他の部のある人から電話があったのでコールバックするようにとの伝言メモ。この人から朝に電話があるということは、私が担当しているシステムにトラブルが発生したときというのが常。部下たちは「なおきさんは、今日一日つぶれるな」という感じでチームが重い空気。ここでも、すぐに電話せずにとりあえずトイレでおしっこ(失礼)トイレに行ってくる間はもちろん心の準備(^^)
「神様が応用問題をくださった。私は心の強さで乗り越えることができる。神様は私が乗り越えられない課題はくださらない。この電話はとても楽しい内容のはず。あ〜、ついてる、ついてる(^^) 楽しい電話をもらって今日は嬉しい! ありがとうございます\(^o^)/」というようなことを何度も繰り返して、いざ電話!

「あ〜(^^)おはよう! 仕事の話じゃなくてゴメ〜ン。 ○○って雑誌、システム部でも定期購読してる? そこに面白い記事が載ってたから、君にも教えてあげようと思って!」

あ〜、よかった。神様ありがとうございます。

部下たちが「てっきり、○○システムがトラブルかと思いましたよ」と言うので「あのね、そういう気持ちでいると、たぶんそうなるんだけれどもね、『良い話の電話だぞ(^^)』って期待してコールバックすれば大丈夫なんだよ(^^)」と教えてあげました。
1人は「また言ってる」って感じですが、あとのみんなは納得してくれた感じ。
まあ、きちんと説明しようとも思いましたが、あまり細かい話をするヒマはなかったので、今回は簡単に済ませちゃいました。

心でコントロールして良いことが起きたら、プチ奇跡って呼んでます。
プチ奇跡を繰り返すと、誰もが「何で??」と思うような奇跡も起こせるようになるのです。

些細なピンチを何度も乗り越えると、ときどき応用テストのようなスゲーピンチが来るときもあります。でも、神様は乗り越えられるピンチしかくださらない。それを乗り越えるかあきらめてしまうかは、自分の心しだい。乗り越える気になれば、神様は助けてくださる。だから、あきらめてしまうのは神様に失礼。不安になることも神様に失礼。

神様のサポートは、とても予期できない、ものすごい解決方法の場合が多い。「今回はどんな解決方法なのか」と期待して、心を安心感で満たすことができれば、周囲の人が不思議がるくらい「あれよあれよ」という感じで状況が改善されていくのです(^^)



やはり奇跡は起こせる\(^o^)/

blog書かなかった1ヶ月の間にもプチ奇跡を毎日経験してきました。
どれが大きいとか小さいとか言えませんが、たとえば、こんなの(^^)

勤務先の会社に8月下旬から国税調査が入りました。
その前から、周囲のみんなが、私の担当のプロジェクトは必ず調査対象になると、言ってました。
昨年春に終了したそのプロジェクトは、総投資額約10億円、総工数300人月という大きなプロジェクトだったので、誰もがそう思うのは無理もありません。
上司の指示のもと、全ての社内申請、約70種類の契約、約100回の支払いについて、まとめた資料を作りながら、未来のコントロールをしました。

「私は今ためされている。誰もがそう思っても、私が変えることが出来るんだ。(^^)」
「ああ、良かった。国税調査官からの呼び出しが全くなくて良かった。(^^)」
「ありがとうございます。ありがとうございます。(^^)」
「万能なる宇宙の力が私に未来を決める力をくださっている。ありがとうございます。」
「全知全能なる神様が私を導いてくださっている。ありがとうございます。」
「精霊のみなさんが私を守ってくださっている。ありがとうございます。」
「ありがとうございます。ありがとうございます。ありがとうございます。(^^)」

当時のプロジェクト・リーダーは、今は別の部署に行っているので、調査官から呼び出しがあれば、当時サブだった私が対応することになり、相当の時間を費やすことになるのです。
前回の国税調査では、上司と一緒に構築したコールセンターについて、8台のサーバーのOSを経費勘定にしていたところ、ハードウェアと一体なのだから資産にするべきだということで、追徴課税された苦い経験があります。そのときの対応は上司でした。

今回、プチ奇跡は起こりました。
私のプロジェクトは、何の調査もされず、他の小さなプロジェクトが次から次に調査されていました。

事前に作成した資料は、今後の管理資料としてとても役立つ資料として、保存することになりました。


奇跡を起こそう

ピンチってときどきある。
以前の私だったら、適当なところであきらめて納得できる理由をつけていた。

しかし、ピンチは切り抜けるためにあるようだ。
その人に解決できない問題は、その人には与えられない。簡単に解決できるピンチから、何とかギリギリ解決できるピンチまでが与えられる。

大切なのはピンチに直面したときの心の持ち方(心的態度)のようだ。
決してあきらめてはいけない。当の本人があきらめたら神様(宇宙の力、ご先祖様、守護霊様、精霊様、など自分の信じたい方を信じればよいのだが)も助けようがない。
ビビってもいけない。不安をもつということは神様を信頼しきっていないことになるから。
神様を完全に信じ切るために、心を期待で満たす。顔が笑顔になって(無理矢理笑顔を作るのでも良い)、嬉しくなってくる。感謝の気持ちさえ出てくるので、感謝の気持ちを心の中で繰り返す。

最初は小さなピンチから練習すると良いみたい。一般的には無理だと推測できるような場面でも、思い通りにうまくいくようになる。私はこれをプチ奇跡と勝手に呼んでいる。

うまくいったらじっくり感謝する。だんだんと困難なピンチになってきたが、ピンチに直面した瞬間に「試されている(^^)」と思うようになってきた。すぐに、うまく切り抜けて嬉しくて感謝している自分をイメージする。無理矢理口角を上げて笑顔を作る。心を期待で満たす。

最近の私は一日中感謝し続けていて忙しい。


人生って

人生って何?





”こころ”が永久に存在するとしたら、いろんな身体と結びついて何度も人生を繰り返すだろう。前世、今世、来世。この世の外には、たくさんの”こころ”がいるのだろうか? 何度も何度も人生を繰り返して、よりレベルの高い”こころ”になっていくのではないだろうか?

数年前、玉子湯という温泉宿の露天風呂に入っていたとき、すぐ隣を流れる小川に鳥が遊んでいた。そのとき、あの鳥の”こころ”は、次は、何に宿るのだろうか?もしかしたら、物(例えば石など) → ? → 虫 → ? → 動物 → ? → 人間 のように、”こころ”のレベルが上がっていくのだろうか? と一瞬にして感じたことがあった。

結構、同じグループの”こころ”が近い時期に同じような場所に産まれるので、”グループ生まれ変わり”と表現する人もいる。前世では妻だった人が、今生では息子だったりと、関係はいろいろ変わるけれども何らかの関わりを繰り返していくんだという話も聞く。

「袖触れ合うも多少の縁」かと思っていたら、「袖触れ合うも他生の縁」だと妻に笑われてしまった。

何度も何度もこの世で修行をして、最高レベルの”こころ”、宗教的に言えば神様になっていくのだろうか? 一体、最終目的は何?


こころって

医者をやっている親友は言う。
「そんなことないよ(^O^)なおき。思考や感情や体内、特に脳の化学反応の結果にすぎないんだよ。」
でも、特定の異性(人によっては異性とはかぎらないらしいが)と目が合ったときの胸の高鳴りは何故? ある人のことを考えただけで胸が締め付けられるような感じで食べものさえ喉を通らなくなるのは何故? 恋が化学反応の結果とは思いたくないし...とても思えない。

物と心は別で、それぞれきちんと存在すると思う。

昔の人はみんなそう考えていたし、今でも発展途上の民族の人たちはそう考えている人が多いと思う(というか、心に関する知見においては彼らの方が進んでいるとも言える)。日本人だって、昔はそうだった。科学があらゆる自然の法則を解明するようになったが、精神の研究はあまり行われず、こころの問題は宗教のなかだけになってしまっている。

これは私の推測に過ぎないが、心はある種のエネルギーのような性質を持っているように思える。振動しているので周波数や波形があるし、何かを媒体として伝播する。

例えば、レベルの高い精神、宗教的に言えば神様に近い精神は、平均的な周波数が高いとか、波形に乱れがないとか、時間や空間を超えて伝播できる範囲が広いとか、そのような特徴があるのかも知れない。

こころというエネルギーが身体という物質に結びつけられている間、その個の人生が存在する。エネルギー保存の法則というのは、中学校で習ったんだっけ?運動エネルギーや位置エネルギーや熱エネルギーなど形は変わってもエネルギーは永久に消えない。身体という物質が壊れても、こころというエネルギーは永久に消滅しないのだと思う。
では、何のために、こころは身体と結びついて、この世の人生を過ごすのだろうか?



最新コメント
記事検索
  • ライブドアブログ