bashar

次元階梯 その3

友人たちと おしゃべりしているときに

「この色って みんな同じ色に見えているの?」って

話題になったことありませんか?


つまり

赤いテーブルクロスをみんなで見ているとします

それを全員が「赤い」と言います

でも それを全く同じ色に認識しているかどうかは 確認しようがありません

ある人には 別の人が見ている緑色を感じ取っているかもしれません

でも いままでの経験で その色をみんなが赤だというので

「このテーブルクロスは赤いよね」と言うと 全員が同意するわけです


でも “赤い” と同意しても

その色を“好き”か“嫌い”か

その色を見て“気持ちがリラックスできる”か“いらつく”か

感じ方は人それぞれです

2人に人が全く同じ感じ方をすることは ありえないでしょう



みんなが全く同じ時間に全く同じ場所で全く同じ経験をしていても

人によって感じ方は違うのです

そして その感じ方の差は こころ というエネルギーの

波形の違いであり 周波数の差であり

それは 自分がどの未来を経験するのか 選択することになります


ちょっと視点を変えると

みんなが全く同じ時間に全く同じ場所で全く同じ経験をしているように見えても

それは“3次元において同じ”でだけであって

こころの周波数が異なれば 別の現実を経験しているのです


4つ目の次元軸を“こころの周波数”と考えれば

その人たちは4次元的に別の点に居ることになり

4つ目の次元軸を“時間” 5つ目を“こころの周波数”と考えれば

5次元的に別の点に居ることになります



私たちが2次元的にしか認識できないと仮定するときに

みんなが “これは円だね”と同じ直径の真円を見ていても

3次元を認識できるようになると

ある人にとってはサッカーボールのような球だったり

別の人にとってはラグビーボールのような形だったり

はたまた円柱を経験している人も 三角柱を経験している人もいます

高い次元では全く別のことを経験しているのに

低い次元では同じ事象に見えるのです


そして 高い次元でどれを選択するかは

自分の こころの周波数しだいです


そういう意味で こころの周波数は次元軸のひとつ と言えるのです

(次元軸ではなくて “密度の違い”という表現方法もあります)



“パラレルワールド”は 自分が認識している時間空間は

ひとつではなくて いくつも存在するという概念です

宇宙も太陽系も 同時に複数存在します

ただし 3次元の私たちのこころは ひとつの世界しか認識できません


リサ・ランドール博士の研究では パラレルワールドを異次元と呼び

シャワールームのカーテンや スライスされたパンに例えています

私たちは スライスされたパンの一枚しか認識できません


そして ここで 私が言いたいのは

“どの一枚を経験するかを 自分で選択できる” ということです

あるパンでは 大地震も発生せず 平和な地球

あるパンでは 大地震が発生するが 原発事故は発生しない

あるパンでは 大地震が発生して 原発事故が発生


ここで書いたのは3パターンですが

パラレルワールドのバージョン(パンの枚数)は

無数にあります


これらのパラレルワールドそれぞれに 上下・前後・左右・時刻の軸があります

そして この無数にあるパラレルワールドを貫く軸が

「こころの周波数」だと信じています


こころの周波数は 今までも書いてきましたが

いくつかの心がけで 高めることができます



============================================================
精神世界ランキングにエントリーしています(^^)

(精神関連の人気ブログ一覧が別ウィンドウで開きます。)



 




大地震と福島原発に感謝

ニュース映像で 何度も驚かされています

被災した方々が ほぼ必ず 感謝の言葉を口になさっていることです

“一週間ぶりに暖かいものを食べることができた ありがとうございます”

“10日振りにお風呂に入ることができた 感謝しています”

“畳の上で寝られる 本当によかった”

“県外から来てくれたボランティアに優しい言葉をかけてもらって嬉しい”

“生きて逃げてこられた こころから感謝している”


あんな悲惨な状況にいらっしゃるのに

涙を流しながら感謝の言葉を述べられる

私は本当に驚かされ 感動しています



バシャールが言っていました

“災害の多い場所に住んでいる人々は 進化を強く望んでいる人々”だと


私は食べたいものを 食べることができています

何だか申し訳ない気持ちになりますが 感謝しながら食べることにしています

“ありがとうございます”と言いながら 食べ物を箸でとり

“ありがとうございます ありがとうございます”と繰り返しながら 食べます


感謝の言葉を繰り返すことで 罪悪感によって氣が滅入るのを防いでいます

感謝の言葉を繰り返すことで こころの周波数が下がるのを防いでいます


東京電力の方や保安院の方や政府の方の会見を見ていると

ついつい 文句を言いたくなります

しかし 人を非難するこころは とても周波数が下がります

三次元の世界では 非難されるような言動をする方でも

より高い次元から見ると

そういう役割を自ら引き受けて三次元に来ていらっしゃることを理解すれば

彼らには むしろ 感謝すべきです

そして 地震と原発にも 私たちに大切なことを教えてくれている点で

私たちに 人生の本質を教えてくれている点で

感謝しています


悲しいけれども 苦しいけれども 全てに感謝しています

ありがとうございます



============================================================
精神世界ランキングにエントリーしています(^^)

(精神関連の人気ブログ一覧が別ウィンドウで開きます。)



 

バシャールのメッセージを想い出す 〜私たちが経験していることのヒント

バシャール(BASHAR)とは アメリカ人のダリル・アンカ(1951年10月12日生)
がチャネリングするとされる宇宙存在
ダリルは1986年に初来日し 日本の精神世界を信奉する人々の間に
大ブームを起こしました

以下の動画の声はバシャールにチャネリングしているダリルです
※ "rubber band analogy" を“輪ゴムの分析学”と訳されていますが
 “輪ゴムのたとえ”と読み替えると解りやすいです



平山由紀子さんが翻訳してくださった動画をお借りしてきました

平山さんは たくさんの貴重な動画を和訳してくださっています















============================================================
精神世界ランキングにエントリーしています(^^)

(精神関連の人気ブログ一覧が別ウィンドウで開きます。)

人生はニュートラルで真っ白なキャンバス          バシャール



平山由紀子さんのサイトからお借りしてきました

いつも解りやすい適確な和訳に感謝しております





============================================================
精神世界ランキングにエントリーしています(^^)

(精神関連の人気ブログ一覧が別ウィンドウで開きます。)


Galactic Activation Portal に 地球とあなたの未来を方向付ける

明日 2008年1月27日(日)は マヤ神聖暦の239日目

Galactic Activation Portal (銀河の活性化の正門)が開くポータルデイです

4年と約11ヶ月後 2012年の冬至に あなたは何を期待しますか


ゲリー・ボーネル氏は あらゆるクライアントのアカシックレコードを読むなかで

2012年冬至以降の状況は人によって それぞれ全くことなることを確認しています


バシャールは これからますますパラレルリアリティの差が開いていくと教えてくれます


つまり 地球上の同じ場所にいても

ある人は 大地震を経験し

ある人は 洪水を経験し

ある人は 核戦争を経験し

しかし

ある人は 緑に包まれて幸せな豊かさを経験し

ある人は 色とりどりの花畑を見て

ある人は 愛する人々と最高に楽しい時間を過ごしている


あなたと地球の未来を選択するのは あなた自身だと思うのです

銀河の活性化の正門が開く明日 宇宙に向かって あなたの選択を宣言しましょう(^^)

============================================================
精神世界ランキングにエントリーしています(^^)
気に入っていただけたら、ここをクリックして投票をお願いします(^^)/
(精神関連の人気ブログ一覧が別ウィンドウで開きます。)


最新コメント
記事検索
  • ライブドアブログ